ARIGATOプロジェクト 実施報告!

 更新日:2011年05月11日(水)

5月3日に「ARIGATOプロジェクト」のゴミ拾い+募金活動が
神戸、新宿、都留(山梨)で行われました!
今回は、神戸リーダーの前ちゃんの感想と各会場の写真を紹介します!
30.JPG
====================
神戸リーダーの前ちゃんです!^^
まず、プロジェクトに参加してくださった皆さんお疲れ様でした!
そして急な企画だったにも関わらず、
ご参加ご協力頂き、本当に「ARIGATO」ございました!
今日は、ARIGATOプロジェクトに関わらせて頂いた
感想についてまとめたいと思います^^*
31.JPG
東日本大震災が起こった3月11日当日、
私は留学先のアメリカロサンゼルスにいました。
「日本で大変なことが起きた・・・」
という母の涙声を聞き、慌ててつないだネットテレビで見た映像は、
凄惨な津波のニュースでした…
私はすぐに16年前に体験した阪神淡路大震災を思い出しましたが、
目の前で映る津波の映像は、そのとき以上の恐怖でした。
「なんてことだ! どうしよう!? どうしたらいい!?」
と、私は不安と焦りでいっぱいになりました。
「日本が大変なことになった。僕はどうしたらいいんだ・・・」
私は目の前が真っ暗になっていくのを感じました。
そんな時、アメリカの友人が私にこう声をかけてくれたのです。
「シンジ、心配しないで。 僕たちがいる。 シンジも日本もひとりじゃない。 
一緒に立ち上がろう!」と。
私は涙があふれました。 
「ひとりじゃない」 という、その言葉と想いが、私の心を勇気付けてくれたのです。
私は正直、このときの友人に対する「ARIGATO」の想いがなければ、
今回のプロジェクトに参加することはなかったと思います。
なぜなら、私は生まれてこの方「ただの一度もボランティア活動をしたことがなかった」からです。
そんな私を勇気付けてくれたアメリカの友人へ、いや世界中の友人たちへ、
私は今、「ARIGATO」の想いを届けたい。 「ARIGATO」の想いを表現したい。 
そう思い、私は帰国したのです。
そうして帰国した私は、東日本大震災への復興ボランティアを探しました。
そして縁ある先生からご紹介いただいたのが、「ユナイテッドアース」でした。
私は運よく、5月3日「ゴミの日ムーブメント」の第一回ミーティングに参加することができ、
たくさんの仲間と、活動のきっかけを頂きました。
2回目のミーティングでリーダーを薦められたときは驚きましたが(笑)
それからの毎日は充実していました。
プロジェクト名も「ARIGATOプロジェクト」で定まり、
メンバー全員でHP作成・告知文の拡散作業を分担しました。
そうしたみんなの想いが集まった5月3日の当日。
現地には20名近くの「仲間」が集まってくれました。
一番遠くの参加者さんは、滋賀県彦根市から駆けつけてくれていました。
「昔神戸に住んでいて、この神戸からメッセージを送りたかった」
そんな想いをたくさん持った仲間たちが、あの日神戸に集まったのです。
32.JPG
僕はその日、たくさんの「ARIGATO」に、また出会うことができました。
想いをひとつに集まってくれた仲間への「ARIGATO」
街の人がゴミ拾いをしている私たちにかけてくれた「ARIGATO」
私たちの想いに共感し募金に協力してくれた人々への「ARIGATO」
33.JPG
この日、私たちは本当にたくさんの「ARIGATO」を集めることができました。
34.JPG
この「想い」、「ARIGATO」というたくさんの想いを、
私たちは被災地へ、そして世界中へ届けたいと思っています。
「ARIGATOプロジェクト」は私たちにたくさんの宝物をくれました。
復興支援活動への「きっかけ」と「仲間」、「きれいな街」に「未来への募金」。
私は、この様々な「ARIGATO」のパワーが、
「未来への力」につながっていくことを願っています。
35.JPG