児童館準備!

 更新日:2011年08月12日(金)

5泊6日で来ている、災害支援チームのえねです!
全国で呼びかけている「Tカード提示で被災地に児童館を。」の
児童館建設は、南三陸町が第1号。
児童館機能に加え、子育て支援センターの機能も持って
誰もが訪れることのできる地域の中心として、
学童保育の場も作ることで働きやすい環境を整え、町に人を呼び戻したい。
みなさん、児童館建設にさまざまな期待を抱いていらっしゃいます。
今回は、この児童館準備の様子を少しご紹介。
例えば子育て支援センターの準備では…
【作業1日目の午後】
さまざまなところから寄付頂いたおもちゃ類を種類ごとに分ける
【作業2日目の午前】
おもちゃ整理用のボックスを購入
【作業2日目の午後】
ボックスにおもちゃを詰める
おもちゃを整理し終わったところが、こちら。
DSC01922.JPG
今はまだ志津川保育所の廊下に重ねてあります。
ところで、特に注目してほしいのはボックス購入にかかる時間!
このボックスを買って戻ってくるだけで、どうしても午前中いっぱいかかります。
(まぁ…遠出して買い物するわけですからね。)
立ち上げの中核となる方々は本当に多用なので、
ボックスを買うだけに1日の半分を使うというのはなかなか難しい…。
代わりにおつかいに行くだけでも、とても助かったと言って頂けました。
忙しい期間に少しでもお手伝いできたと思うと嬉しいですね。
 
支援物資の仕分けにしても瓦礫撤去にしても、
1つ1つの作業はすごく地味だけど
それが組み合わさって「復興」に繋がるんだと実感します。
 
 
さて…もっともっと関わりたいし、まだまだずっと居たくなる南三陸町ですが、
私はとうとう明日帰ります。
帰ったら、こちらで見たこと、聞いたこと、感じたことを
いろいろな制約があってこちらに来れない人たちに向けて発信していくつもりです。
 
それにしても、南三陸町に来れてよかった~。
現地に来ることができて
町の人と会うことができ話を聞けて
小さいことだけど自分にやれることをできて
「何かしたい」という意思を共有する、これからも繋がっていけるメンバーに会えて
本当によかったです。
 
今度は完成した児童館を見に、また来ようっと。