志津川漁港 マダラ解禁!

 更新日:2013年01月28日(月)

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

南三陸町志津川漁港では現在マダラの水揚げが最盛期を迎えています!
まだら01.jpg
 
本来マダラは年末から獲れ始めるのですが、宮城県ではマダラから基準値を超える放射性セシウムが検出されてしまっていたため出荷制限がかけられていました。そんな中だったのでお正月の初セリもどこか寂しく感じましたが、ようやく1月18日よりマダラの水揚げが解禁になり今は魚市場いっぱいにタラが並んでいます!
まだら02.jpg
 我々の作業は発泡スチロールに詰められて運ばれてくるタラをオス、メス、そしてサイズごとに分けて並べることが中心。その後、セリの時間が近づくと並べた発泡スチロールの蓋を開けていき買い手の人たちからタラが見えるように準備をします。
セリが始まってからもタラは運ばれてきますし、他の魚ももちろんあります。セリが進んでいくと買い付けた魚屋さんの積み込みの手伝いもします。
まだら03.jpg
 体力的に決して楽ではありませんが、市場の職員の方々や魚屋さんの方々とコミュニケーションをとりながらする作業はとても楽しいです。
 漁業に関わったことのない人も、女性もきっと楽しく作業できると思うので興味のある人はぜひ南三陸町に来てみてください!
けんしろう