○●廃校再利用・ガレキ処理プロジェクトチーム紹介!●○

 更新日:2012年03月31日(土)

皆様、こんにちは。廃校再利用・ガレキ処理プロジェクトチームの泉です。

現在私達のチームは4名で活動し、
廃校再利用とガレキ処理プロジェクトに参加しております。
それでは、各プロジェクトの紹介をさせていただきます。
DSC_1923.JPG
廃校再利用プロジェクトでは、
登米市にある廃校になった小学校を借り受ける計画で、
次のような企画を考え実現に向けて活動しております。

被災地を離れるとメデイア報道が少なくなり決して忘れてはいけない、
昨年3月11日起こった東日本大震災の状況と復興に向けて進んでいる被災地、
「南三陸町」を中心とした状況を、写真・映像等で多くの人に知ってもらい、
そして防災に関する展示物・災害時の模擬体験を通して防災に対する
意識と知識を学んでいただく施設を登米市に提案しております。
また、いつどんな災害が今後起こるかわからない今、
災害時の非常食を備蓄するための施設としての活用方法も考えております。

続いて、ガレキ処理プロジェクトでは、
大手ゼネコン会社である清水建設株式会社様とパートナーシップを結び、
南三陸町に建設するがれき産廃処理場を、単にがれき処理をする施設だけにとどめず、
ここから南三陸町に、どのように地域貢献出来きるか考え提案しております。
%E7%93%A6%E7%A4%AB.jpg
提案内容の主なものとして、
被災されて仕事を失った方々を雇用することや
ガレキ処理が完全に終了しても、次に活かせるようパソコンスキル研修の場の提供
小さい子供がいて育児の忙しいママさん達でも働けるように託児施設の設置などを
提案し、地域貢献に関わる部分でガレキ産廃処理事業に参加しております。

最近の活動として、南三陸町が一歩一歩復興に向かって進んでいることを多くの人に
知ってもらうために、
ガレキ産廃処理場で働く人、南三陸町の人を中心とした人達の笑顔が見える構成で、
ガレキ処理の進捗状況を伝えられるホームページの作成に取組んでおります。

ホームページが完成しましたら、是非ともアクセスのほどよろしくお願い致します。
CIMG0030.JPG
プロジェクトを成功させるためには私達4人の力では、困難な場面があるかと思います。
その際はこのブログを通して、皆様のお力添えをいただきたいとたいと思っております。

簡単でありますが、以上が私達の取組んでいるプロジェクトの紹介になります。

乱文のため読みにくい部分、伝わりにくい部分があったかと思いますが、
最後までお読みいただきありがとうございました。