3月10、11日のボランティア活動~1~

 更新日:2013年03月15日(金)

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ    

☆多くの方に読んで頂くためにクリックお願いします。↑↑↑

こんにちは。
3月10、11日は一般社団法人 TSUNAGARIさんが主催された、
遺品捜索ボランティアと3周忌法要へ参加しました。
DSC_0002 (5).JPG

TSUNAGARIさんはUE同様に震災直後から南三陸町を支援されている団体です。
メンバーに地元の被災された方々がおられる点も、
UEとの共通点です。

さて、まず10日の活動ですが、
すごい強風だったんです。
DSC_0002 (131).JPG

最大瞬間風速30mの予報でした。

活動場所は歌津地区の泊崎半島。
当日集まった約100名のボランティアメンバーが、
地元の、要請のあった各所へ向かいます。
IMG_2253.JPG
IMG_2242.JPG
P1060794.JPG

私は歌津の20数名の子ども達「シーモンキー」が行うビーチクリーン活動に同行しました。
長須賀海水浴場は、かつての海水浴場の面影なく、
津波で無残に削られた地形と、未だ崩れた道路、
砂浜に散らばる瓦礫が、2年という時の経過の虚しさを感じさせました。
DSC_0002 (77).JPG

強風の中、
砂が舞い上がり痛い!
ゴミを拾っても、ゴミ袋に入れるのに一苦労!
そんな状態ではありましたが、
子ども達はてきぱきと大きな流木や、へし曲がった鉄の棒などを集めていました。
P1060723.JPG
P1060695.JPG

大人たち・・・中でも男性陣は数名ずつに分かれ、
砂浜を端から1mくらいずつ堀り、ゴミを集めていました。
1mという深さを掘っても、瓦礫は出てきていました。
DSC_0002 (146).JPG
DSC_0002 (139).JPG

私たち、女性陣はそれぞれの場所でゴミ拾い。
一番多く拾ったのは、養殖網の千切れたもの。

他にも、ぐしゃぐしゃで、焼け焦げた後のあるストーブや、
よく分からないけど大きな機械がぺちゃんこになって、
砂浜に埋まっていました。
DSC_0002 (120).JPG

一度きれいにしても、瓦礫は海の流れや風で運ばれてくるのだそうです。
昨年の夏、沖縄の海へ行き、
震災後に初めて、海で泳いだこの子ども達は言ったそうです。

「地元の海がやっぱりいい」
「地元の海で泳ぎたい」

そして、自分たちの手で清掃活動を始めました。
皆、あどけない顔をした、中学生や高校生です。
DSC_0002 (155).JPG
彼らに、私たちはどう映っているんだろうか。

このビーチクリーン活動は定期的に開催し、
夏には泳げるようになることを目指しているそうです。
だから私はこれからもこの活動に参加し、
彼らと交流しながら、ふと湧いたこの疑問をいつか聞いてみようと思いました。
DSC_0002 (60).JPG