—学びのプログラム ホタテ養殖作業のお手伝い—

 更新日:2012年12月02日(日)

こんにちわ。
学プロチームのサポートのもりぞーです。
1泊プログラムの2日目(午前)に同行してきました。
日程はボランティア活動となっております。
町の北部にあたる歌津地区で漁業をされている方のお手伝いです。
20121202写真①.JPG
↑今日の作業場です。
養殖のホタテというのは、一本の長いロープにプラスチックのピンを刺し、
稚貝をそのピンに付けて海に沈めます。
その貝を付けるためのピンをロープに付けるというのが今回の作業でした。
一本のロープに90本のピンを付けます。
1つのピンには2つずつ貝が付くので、全部で180のホタテが養殖出来るわけです。
20121202写真②.JPG20121202写真③.JPG
ちなみにこんな機械があり、手作業でピンを付けていきます。
今回は2名(途中から僕も参加させて頂きました!)でおよそ3時間作業して
11本のピン付け作業をしてきました。
20121202写真④.JPG
これで2000個近いホタテが育つと思うとお腹が鳴ります。
で、今年はいくつくらい養殖されるかお伺いしたところ、
10万個(!)くらいとのことでした。
でも、以前は40万個(!!)だったそうなので、それを思うと四分の一になってしまっています。
震災後、各漁師さんごとの数を平等にしようというような話で、
たくさんやりたくても出来ないといった現状でもあるそうです。
でも、こうやって以前に戻りつつあり、前向きに頑張っていらっしゃる様子を見て
本当に嬉しい気持ちになりました。
インターネット販売も新たに始められたそうです。
http://www.odette-shop.com/products/list.php?category_id=23
町は元気になってきています。
でもまだまだ復興までは時間がかかります。
来ることで出来る支援・買って食べる支援・こうやって発信する支援。
出来ることを頑張っていきたいと思います。
それでわ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ