社会貢献共同体 ユナイテッド・アース


南三陸町復興応援プロジェクトご支援企業様

 

CCC


TSUTAYA


T-POINT


福島工業株式会社


スタジオアルタ


ASAHIネット


豫洲短板産業株式会社


デジキス


Yahoo!ボランティア


イーキャリア


 

イベント情報

4/13(土) 語り部@東京へ伺います!

2013年4月 9日 22:10

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ    

☆多くの方に読んで頂くためにクリックお願いします。↑↑↑


「あなたに届きますか   僕らの歌う声が

 命もそっと差し出した 
 真心に答えたい」


(デビューアルバム「BE」に収録されている、「聖なる人」の一節より)

2012年5月9日、
100人組のコーラス・グループBe Choir(ビー・クワイア)がデビューしました。



この"聖なる人"は、2011年3月11日に起きた東日本大震災で、
被災された方を想って作られた曲です。


ライブでも何度も歌われ、メンバーそれぞれの想いをのせて、
たくさんの方に届けられたそうです。


そんなBe Choirさんが4月13日(土)イベントを開催します。
その会場へ、語り部としてメンバーが南三陸町から伺います。


会場:テレビ朝日|『umu』 EVENT SPACE
プログラム:開場)12:00 開演)13:00 終演予定)17:00
 1部 「語り部」の方の講演
 2部  Be Choirライブ
 ※USTREAMも同時刻で配信予定。

チケット:前売券 3,000円(+ドリンク代500円) 
※USTREAM鑑賞の場合は無料。

協賛:ユナイテッドアース・テレビ朝日


以下は、Be Choirさんのイベントページより抜粋です。

--------------------------------

そして震災から2年がたった今。
改めて、日々、この歌を歌わせて頂いている意味を、
Be Choirなりに考えてみました。
今、私たちが出来ることを、考えてみました。


そして、いつもやっていることと、
同じところにたどり着きました。


「歌の力を、たくさんの方に届けたい。」


歌の力を通して、震災という大きな問題に、
人々が向き合い続け、行動を起こせるきっかけをつくりたい。
そう、考えるようになりました。



ここ数日のTV報道では、
「震災の風化」が叫ばれています。

風化させない為に私たちが出来るのは、
考え続けること。そして、行動することです。

その為には、メディアなどのバイアスが一切かかっていない、
「生の声」を聞く必要があるのではないでしょうか。


知っているつもりだけど、本当は知らないこと。
知ってみたくないですか?


当日は、震災で被災された「語り部」の方を東北からお招きし、
TVや新聞では取り上げられない「リアル」を
みなさんに感じてとって頂きたいと考えています。



そして、今回のイベントは、
「参加型」で進めていきます。

当日は、「語り部」のみなさんのお話を聞いて感じたことを、
Facebookページを使って全体にシェアして頂きます。


また、イベントの様子は、Ustreamを通じて、
南三陸町をはじめ、都内各所・大阪・福岡などへ生中継されます。
全国の方と意見を交わしながら、
これからどんなアクションをとれるか考えていきましょう。

ユナイテッド・アースさんのご協力のもと、
被災地との様々な関わり方も紹介させて頂きます。

語り合って、刺激し合って、忘れかけたときには、思い出して、
ゆっくりとでも、着実に、良い状況につながっていくように。


その為に、まずは、2年前のあの日のことを思い出してみましょう。


メンバーから少しずつ、それぞれの震災体験について
投稿させて頂きます。
ぜひ、皆さんも体験や感じたことを、
こちらのページに投稿してください。

※個人のプライバシーや匿名性による投稿のしやすさを配慮し
掲示板も作成しました。
名前と削除キー(本人の投稿を削除したい時に入れるパスワード)を入力して、投稿してください。
スマートフォンにも対応しています。
--------------------------------


ぜひ、13日にお会いしましょう!
物販やパネル展も開催する予定です(^〇^)/
facebookイベントページ

○学びのプログラムに参加して

2013年3月27日 22:39

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ    

☆多くの方に読んで頂くためにクリックお願いします。↑↑↑


こんにちは、ボランティアメンバーのほかちぃです。
先日、地元徳島から母親が宮城に来てくれ、学びのプログラム(日帰り)に一緒に参加させていただきました。
私が初めて南三陸町に訪れたのは2011年12月。
ユナイテッドアースで長期メンバーとして活動を始めたのが2012年4月。
ちょうど1年前の今頃、宮城での長期滞在を決めた私に母親は「もう帰ってこなくていい。」と答えました。
あの時、言葉ではうまく伝えきれなくて、お互いに理解し合うことができませんでした。

学びのプログラムに参加して私自身、じっくりと、目・耳・心で南三陸町を感じることができたかなと思います。
そしてそれは、被災地に初めて足を運んだ母親にとっても同じだったのではないかなと思っています。
特に被災体験の語り部は胸に突き刺さるような気持ちで、隣に座っていた母親も涙を流しながら聞き入っていました。

私が初めて「自分のためにやりたいボランティア」ではなくて「町の人のために何かお役に立ちたく」て長期滞在を決め、暮らし始めてもうすぐ1年になるこの町のことを1番大切な存在である母親に知ってもらえる機会を与えて下さったことに、本当に感謝しています。

私は今春、1年間の活動期間を終えて地元徳島に帰ることを決めました。
今一度、家族と災害時どうするか、また減災や防災について話し合いたいと思います。
この町で学ばせてもらったことを、これからもずっと忘れないために。
大切な家族を守っていけるようになるために。

ありがとうございました。


20130327.jpg

◎◎◎学プロ とまと植え込みの巻◎◎◎

2013年2月24日 22:38

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ    

☆多くの方に読んで頂くためにクリックお願いします。↑↑↑



こんにちわ。
学びのプログラムサポートのもりぞーです。
今回はよくお手伝いにお伺いしている"㈱小野花匠園"さんからお送りします。

今日(2/22)は1泊2日の2日目ということで、朝からボランティア活動となります。
お客様はわたくしもりぞーにてご案内です。

本日の作業は"トマト苗の定植"です。
定植とは、ポットで栽培されていた苗を地面に植え込みする作業です。

実はわたくし、ここのところ週1回くらいお伺いしており、
・ハウスの中に畝(うね)をつくったり
・畝に散水ホースを張り、その上にビニールを張ったり
していました。

20130224①.jpg

ついに植え込みまでたどり着きました♪

で、実際やってみると・・・
畝を壊さないようちょっと遠くまで手を伸ばすような体制になるので
結構ふくらはぎの辺りにきます(笑)

で、助っ人のお姉さんたちと一緒に楽しく4つくらいの畝(でもこれでハウスの五分の一くらい)を植え込みました。

20130224②.jpg 20130224③.jpg

あとは、次の植え込みの準備をしたりで本日の作業は終了でした。

このハウスの中にはおよそ3000株のトマトが植えられるそうです。
それらを日々手入れをして、早ければ5月のGWくらいには出荷が始まるそうです。

ほんのちょっとのお手伝いしかしてないですが、
この先の成長が非常に楽しみです♪

こんなかな~。

20130224④.jpg

でわでわ。


☆学プロチーム過去のブログはこちらです☆

★★★学びのプログラム おまけ編★★★

2013年2月17日 23:14

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ    

☆多くの方に読んで頂くためにクリックお願いします。↑↑↑


こんにちわ。
学びのプログラムサポートのもりぞーです。
ご無沙汰しております。
最近ノロウイルスにて倒れておりました・・・が、今日から元気に復活です。

では今回ですが、先日(2月の三連休)にプログラムに同行してきました。
1泊プログラムの2日目、この日はボランティア活動でしたので、
その時の様子をお届けします。

この日の活動は、以前より何度かお伺いしている
歌津という地区で養殖業をしていらっしゃる高橋さんのところです。
前はホタテ養殖の道具準備や稚貝付け(←耳釣りといいます)をしていました。

現在はワカメの収穫時期に入ってきております。
ということで、作業はワカメの製品袋詰め1000袋!
皆さんテキパキと作業をすすめられ、一日予定の作業がなんと午前で終わってしまい・・・。
なんと、ご主人のご厚意で船に乗せて頂けることになりました♪
さあ、いざ出発!

20130217.jpg

養殖している現場を見るのは僕も初めてです。
ワカメは海の中でロープに種付けされて養殖されています。
立派に育ったワカメは人の手では持ち上がる重さではないため、
船のクレーンでロープを釣りあげます。

20130217①.jpg
20130217②.jpg

知ってました?
ワカメはもともと茶色いのです。
お湯に漬けると鮮やかな緑色になります。

去年の11月頃に沈めた頃は親指くらいのワカメが、一本が1mくらいはあろうかという立派なサイズになっています。

20130217③.jpg

手際のよいお父さんがまたカッコいい!
数本刈って、あっという間にかごがいっぱいになりました。

その後はカキの養殖も見せて頂きました。
まだ小ぶりで、これで1年くらいたっているそうです。
出荷まではあと1年、待ち遠しいですね。

20130217④.jpg
20130217⑤.jpg

ということで、今日は"おまけ"をご紹介しました。
たまにはこんな日もあります。
貴重な体験ありがとうございました。

でわでわ。


☆学プロチーム過去のブログはこちらです☆

・・・学びのプログラムで感じたこと・・・

2013年2月 3日 13:17

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ    

こんにちわ。

今回は、学プロチームのサポートに新たに入って頂けることになった
今年の1月から長期ボランティア・えもんさんに、
実際のプログラムに同行してもらいました。
その時の感想をそのままお届けします。

-------------------------------------------------------------------------------

「震災を通して失ったものは数知れずあるけれど、大切なものに気付くことができた」
そうおっしゃる工藤さんの言葉が頭から離れない。こんなことを言えるようになるまでに、
どれ程の苦しみや悲しみを乗り越えてこられたのか。上山公園で目に涙を浮かべながら
被災体験を話して下さる工藤さんの思いを考えると心が震える。

今回学びのプログラムの被災地ガイド、そして語り部を体験し、南三陸町の被災前の町の様子を知ることができた。
同時にその大切な町、そして家族を失った人々の悲しみは、計り知れないものだということを。

「家族がいて、毎日ご飯が食べられて、夫婦ゲンカができる、そんな当たり前の幸せに、
どうかみなさん気付いて下さい。もう自分達のような辛い体験を誰にもしてほしくない」
と、工藤さんはおっしゃっていた。

この学びのプログラムを通して、また明日からの自分の活動を見直そうと思う。
この南三陸町で私に何ができるのか、何をすべきなのか、これから何を勉強していくべきか。
そして家族、友だちには、日々感謝の言葉を伝えようと思う。

20130203ブログ.jpg

○●1月17日・18日出張語り部in西宮市~後編~●○

2013年1月30日 09:34

前回に引き続き
紀子さんによる、西宮市・出張語り部の報告ブログです♪
--------------------------------------------------------
●1月18日 西宮市小学校
全校生徒1000人を超える学校です。
阪神淡路大震災では、生徒5名の尊い命が犠牲になりました。

「あなたたちのことを私達はわすれない・・・」

と、防災についての勉強をしっかりされていました。


毎年1月17日午前5時46分には、
校内にある平和の鐘を鳴らしてご冥福を祈っているそうです。

今回は、6年生の子供たちに対して語り部させていただきました。
子どもたちも 父兄の方も地域の方も来てくださり、
真剣に私たちの話を聞いていただきました。


・この子だけは守りたいと抱きしめた夜
・子供の笑顔に励まされ頑張れた毎日
・電気が付く事
・蛇口から水が出る事
・着替えができる事
・温かい布団に寝れる事
・家族がいる事・・・

「当たり前の生活が決して当たり前では無いこと」

・家族がどれほど支えになり大切なのか・・
・現地の小学生・中学生が体験したこと
・そして、今後来るかもしれない災害に対して備えてほしいこと・・
などを交えて語らせていただきました。

生徒の皆さんからは、
「当たり前に感謝します。生かされている命を大切にします。」
「辛い話を語ってくださりありがとうございます。一生忘れません!」
「次におこりうる自然災害に対して出来ることをしていきます!」

二日間貴重な体験をさせて頂きました。
ご協力頂いた皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
改めて「風化をさせてはいけない」「語り継ぐ意味・重要さ」を感じました。

私はこの震災で両親を亡くしました。
私の語り部は、行方不明になった両親を探しだすまでの体験を話すのですが、
よくプログラムの参加者様に、
「語り部されて辛くはないですか?」
と聞かれます。私はいつもこう答えます。

『正直辛いです。毎回涙が流れます。
でも語る時は、いつも両親の事を想い出します。
そして両親が私を見守ってくれています。
たぶんこの仕事していなかったら、こんなにも毎日毎日両親の事、
想い出してはいなかったのでは無いかと思います。
両親に背中を押してもらってると思うから頑張れるのです。
今、生きているから頑張れます。
そして、何よりこのような悲しい思いを誰もしてほしくないです。』

そう思っています。

そして今私は、両親の分まで楽しく生きていこうと思います。

佐藤紀子



学プロチーム過去のブログはこちらです


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

○●1月17日・18日出張語り部in西宮市~前編~●○

2013年1月29日 11:15

学びのプロジェクトチーム佐藤紀子です
1月17日 阪神淡路大震災からちょうど18年の意味ある日に、
「出張語り部プロジェクト」として、兵庫県西宮市にある企業様よりご招待いただき、
工藤望さんと私佐藤紀子で行かせて頂きました。

ご招待いただいた企業の社員様、そして西宮市にある小学生約300名のみなさんに、
東日本大震災の体験を精一杯届けました。

二人とも初めての関西ということでドキドキ(@_@)の中、
工藤さんの娘(ひなっち)だけは
「しんかんせーんのる~」「のぞみ~のる~」とわくわくでした。

初めて見る神戸、この街が18年前ぐちゃぐちゃになった街なの?
今は震災の跡形もなく、「18年経つと南三陸町も・・」
と期待を抱いてしまう程、素敵な街でした。

●神戸市東遊園地
震災で犠牲になった6434名のご冥福を祈り、黙祷を捧げさせて頂きました。


午前5時46分には、1月17日をかたどった竹灯籠に希望の明かりを灯し、
訪れたたくさんの人たちが毎年祈りをささげられているそうです。

竹灯籠には「1.17から3.11」という
東日本大震災の被災地へ向けたメッセージも見られました。
阪神大震災を経験した人々は、18年前の悲しみや苦しみ、
希望へつながる道しるべを広く語り継いでいく決意を新たにしていると聞きました。
そして、改めて私達が「被災地を語る」意味を考え・重要さを強く感じました。

●人と防災未来センター


改めて阪神淡路大震災の被害の大きさを知りました。
地震が起きた5:46の映像が上映されています。
地震直後、ビルがガラスが一瞬に砕け落ちる、高速道路が、電信柱が倒壊する。
すべてが倒れ、町が燃えていく・・そんな映像でした。
一瞬にして変わり果てた街並みに、言葉を失ってしまいました。

以前、現地の方が爆弾でも落ちたようだ・・と言っていた。
その意味が解ったような気がします。

私達が体験したものとは全然違う。
「何処に逃げるの?」「何処に逃げたたらいいいの?」
自分があそこに居たらと思うと・・足が震えました。

●夕方 18:00 よりご招待いただいた企業様の
本社事務所にて語り部をさせて頂きました。

参加いただいたのは、社員さんを中心にそのご家族など
合計30人の方々にお集まりいただきました。
ボロボロ泣きながら聞いて下さる方が多くいらして、
社員の3分の2は被災地に行ってないので

「絶対南三陸に行きます!」

というありがたい感想コメントも沢山頂きました!
みなさん、南三陸に心を寄せて頂きありがとうございました。

とにかく 一緒に このプロジェクトを運営してくれてる先方のスタッフさんと
皆で共に創ったという感じで一体感が本当に深まりました。


次回は18日の様子をお伝えしようと思います。



にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

----1泊学びのプログラム 2日目の様子----

2013年1月27日 21:42

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ    
 ↑ ブログ良かったらクリックお願いします

こんにちわ。
学プロチームサポートのもりぞーです。
今回は久しぶりに学プロの1日をご紹介しようかと思います。

昨日より1泊のお客様2名にお越しいただき、
2日目のコースに同行しました。

本日は月に1度の福興市でしたので、本日は朝からお祭りのお手伝いです。
松野屋さんのお店で売り子として頑張っていただきました。

20130127①.jpg 20130127②.jpg

その後はベイサイドアリーナという施設の中で、震災のパネル展示を見ながら
本日のアテンドの紀子さんのお話を伺いました。
この場所が避難所であったこと、廊下まであふれた状況で寝泊まりしていたこと、
世界中の報道陣が毎日出入りしていたことなど。
以前の町の写真も見ながら、震災直後の写真も見ながらいろいろ伺いました。

20130127③.jpg 20130127④.jpg

続いては清水(しず)地区へ。
ぎりぎり助かった高台のお社からその地区を見ると、まだそのまま残っている
線路の高架が遠くに見えます。
すぐ下には被災した車両がまだ残っていたりもします。
このお社で夜を明かした方もいらっしゃったそうです。

20130127⑤.jpg 20130127⑥.jpg

最後に仮設のさんさん商店街にてショッピングして頂き、
無事にバスに乗って帰られました。

20130127⑦.jpg

今回もいろいろなお話を伺いましたが、
"福興市というお祭りは1年10カ月たった今でも震災以降に初めて会う方がいて、未だ大切な再会の場になっている"
というのが一番印象的でした。

何回も同行させてもらってますが、その度に新しい学びがあります。
今回のお客様も、"実際に現地で見て"感じたことが多いとおっしゃられていました。

ぜひ一度南三陸町へお越しください。
お待ちしております。

それでわ。

○●たからものがいっぱい●○

2013年1月15日 14:44

皆様!!明けましておめでとうございます。

南三陸復興学びのプロジェクトチームの
のんちゃんです。

昨年は、沢山の出会いに感謝し、人との繋がり・絆がどれだけ素晴らしいものかを
実感した1年でした。

その証拠に・・・
お正月休みが明けて出社してみるとっ!!

沢山のプレゼントが届いてました~(^-^)



これは昨年、南三陸に来て頂いた皆様からの年賀状です。

1枚1枚丁寧にコメントが書かれていて、
スタッフみんなで見て、感動してしまいました(>_<)!!



1年前は、まだ出会ってもいなかった人達からの、心温かいメッセージが
嬉しくて嬉しくて...今年も頑張ろうと思います(*^^)v



年月が経つのは早いもので、あと2か月で震災から2年になります。

町は、まだ住宅の基礎を壊して、整地している状態。
つい最近、道路が嵩あげされて、冠水状態の町も、いくらか車が走りやすくなりました。



町の復興のスピードはこんなもんだけど、
多くの方のおかげで、心の復興はずいぶん進んでいるように思います。

復興には時間がかかる事



みんな、前向きに頑張ってる事



沢山の仲間が居る事

沢山の人が支えてくれてる事



人の言葉が温かい事



沢山の笑顔に救われた事





それを忘れないで、今年一年も笑顔でガンガン進みたいと思います。
今年一年も良い年でありますように。

そして、皆さんのご多幸をお祈り申し上げます(^-^)v

本年もよろしくお願い致します(*^_^*)

工藤 望


学プロチーム過去のブログはこちら


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

○学プロチームより~学プロCM作成の裏側?~

2013年1月13日 20:29

年男で厄年のしょーちゃんです(´Д` )
最近ついてないことばかりしか起きません(´;ω;`)

ハイ、それはさておき今回は現在進行系で進めています、
学プロのCM作成の裏側についてちょろっと説明をいたします。

事の始まりは「とめonTV」で放送するUEチャンネルで何ができるか?
ということが始まりでした。
何が出来るか考えたところ
「学プロの映像を流してみたらどうですかねぇ?」
それが始まりでした。とめonTVの話が来てから考えてたことでした。

せっかくこういうことをしているのに全然認知されていないことが残念だったので
少しでもアピール出来るのであればこれはいい機会だと思いました。

CMを作ると言ってもずぶの素人がそんな簡単には出来るものではありません...

しかし、UEには映像のプロがいるのです!!それがこの人
あまり表に立つことはありませんが、UEの事を影で支えてくれている
メディア班のさのさんです(´∀`)


カッコイィーー(首元が気になるけどww)

そのさのさんを交えてCM作成を進めていきます...
しかしここで問題が、撮影の打ち合わせをしていると、
気づくといつも特撮関係の話に火がついて話が別な方向にww
止める人がいないから大変なことになってます。

しかし、そんな事をしながらも撮影時には真面目になりますよ(`・ω・´)

打ち合わせもちゃんと?して、いざ本番です。

今回の主な役割は僕がビデオ撮影をし、
さのさんが写真と映像の両方を担当することになりました
最近さのさんの3番弟子になりました(笑)

撮影一日目はさのさんの同級生が学プロの参加者として来てくれたので
了承を得て撮影することが出来ました。



合間でさのさんの昔話なども教えてもらいました
弱みを握りましたね...( ̄ー ̄)フフフ





終始和やかに撮影は順調に進んでいきました。

撮影二日目、この日は日帰りと1泊2日のプログラムの両方が開催されたので
日帰りを僕が、1泊2日の2日目をさのさんが担当して二手に別れることにしました。

日帰りプログラムでは学プロリーダーの、のんちゃんが担当していました。
この日は雪が降りながらも参加者さんと一緒に戸倉地区や志津川・歌津を回りました。

参加者さんも雪の降る中、真剣な表情でのんちゃんの話を聞いていました。
時には質問などもしていました。

この日は、ビデオカメラしか持っていなかったため写真がありません、残念です。

その代わり、さのさんが撮影してくれた写真を。
この日は小野花匠園(おのかしょうえん)さんで活動でした。









今回撮影した映像は学プロの新しいCMとして作成しているのですが完成予定が今月の末となっています。
皆さんお楽しみにしててください(*´ω`*)

...少し遅れてもそれはご愛嬌ということで

...駄目っすか?

そうですか、頑張ります(´・ω・`)



ではでは皆さんまたお会いしましょう( ´ ▽ ` )ノ

しょーちゃんでしたm(_ _)m



にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

○○○2012年最後の学びのプログラム○○○

2012年12月30日 22:46

こんにちわ。
学プロチームサポートのもりぞーです。

今日は今年最後のプログラムです。
お手伝いは"福興市の売り子"をしていただきました。

南三陸町では毎月末の日曜日に"福興市"というお祭りが行われています。
震災直後の昨年4月末から始まり、毎月の行事になっています。

第一回の様子はこちら

天気にも恵まれ、多くのお客様がお越しになられました。
みなさん年の瀬の最後の買い出しです。

20121230①.JPG

張り切って売り子をされてます。

20121230②.JPG20121230③.JPG20121230④.JPG20121230⑤.JPG20121230⑥.JPG20121230⑦.JPG

タコも歩いてました。

20121230⑧.JPG

今日のアテンドは素敵な笑顔の紀子さん、のんちゃんでした。

20121230⑨.JPG20121230⑩.JPG

今年一年お疲れ様でした。
お越しいただいたみなさまありがとうございました。

来年も学びのプログラムをよろしくお願いします。
それでわ良いお年を。




にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ


-----学びのプログラム 志津川地区-----

2012年12月23日 20:53

こんにちわ。
学プロチームサポートのもりぞーです。
今日は宿泊プログラムの初日午後のご紹介をしたいと思います。
今回は"志津川エリア"のご案内です。

志津川地区は、南三陸町の中で一番栄えていた場所であり、
役場や病院、駅やショッピングセンターなどいろいろなものが揃っていました。
そのにぎやかだった街を一望出来た上ノ山公園へ向かいました。

20121223①.JPG

この場所は標高16.16m。
ですが、この場所ですら津波の中にありました。

ここで、語り部として学プロチームの工藤さんよりお話を聞きました。
この場所に避難し、そこから更に必死で山の中に逃げた話。
何としても娘さんを守ろうと頑張ってこられた話。
避難所での話。仮設住宅での話。

20121223②.JPG

以前にも聞いたことはありましたが、改めてこの震災の恐ろしさを感じました。

次は防災対策庁舎へ。
ここはメディアにも一番取り上げられた場所ではないかと思われる場所。
街の皆さんに避難を呼びかけ、その場所は津波に襲われました。
多くの方が花束などを供えていかれています。

20121223③.JPG

特別養護老人ホーム慈恵園はこの天井まで水が来たとのことです。

20121223④.JPG

志津川駅はこういう状況でした。

20121223⑤.JPG

昔はこのような感じでした。

20121223⑥.JPG

そして今はBRTと呼ばれる代替えバスが走り、
その専用の駅も整備され、12/22より正式運行となりました。

20121223⑦.jpg

最後に避難所でもあったベイサイドアリーナにて写真が展示してあるのを見学しました。
同じ場所の震災前後の写真や、被災状況なども見て頂きました。

震災から1年と9ヶ月が経ちました。
街の中は少しづつですが復旧してきています。
でもまだまだ時間はかかると思います。
ぜひとも一度この街へお越し下さい。

それでわ。



にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ


-----師走の学プロオフィスから-----

2012年12月16日 17:06

こんにちわ。
学プロチームサポートのもりぞーです。
本日は師走のオフィスから。

皆さん一生懸命机に向かって作業しております。

20121216ブログ1.JPG20121216ブログ2.JPG
20121216ブログ3.JPG20121216ブログ4.JPG

何を書いていらっしゃるかと言いますと・・・そう、年賀状です。
過去のご参加ただいたお客様に1枚1枚メッセージを添えていきます。
懐かしい名前を見ては"このお客様は"とかなんとか思い出話も花が咲きます。

20121216ブログ5.JPG

ですが、500名を超える枚数ともなりますと結構大変です。
来週には出さねばと頑張っております。
いっぱい当たりますように♪

この年賀状も、とある方からのご支援でいただきました。
こうやって色々な方の気持ちがまた全国の皆さんへと繋がっていくような気がしました。

今までご参加頂いた方も、まだ参加したことがない方も、
ぜひぜひ南三陸へお越しくださいませ。
お待ちしております。

それでわ。



復興学びのプロジェクト過去ブログはこちら



にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ


☆★学ぷろチームメンバー撮影会★☆

2012年12月11日 11:01

みなさ~んお久しぶりです~ヽ( ̄▽ ̄)ノ
皆のアイドル「しょーちゃん」デスョ~!!

すみません、調子に乗りました、ごめんなさい(´;ω;`)

久しぶりの登場なんでテンションが上がってしまいました。


さて気を取り直して行きましょう。
今回のブログは新たに学プロのHPを作るために
スタッフ写真を変更しようというところから始まります。

写真はスタッフ紹介の部分に使おうと思っているのですが、
今回一番写真の枚数が多い人をご紹介します。

モデル顔負けのスタイルを持つ学プロのリーサル・ウェポン
ハイ、「菅原美恵」さんです。

この人の写真が一番撮りづらかったんです...(とてもいい意味で)
なんといってもこの長身(173㎝!)を生かしてステキに撮るのがとても大変でした。

遠藤さんがポーズの要求をしてたら
最初恥ずかしがってた美恵さんもだんだんテンションが上がり
いろんなポーズをしてくれました(笑)


ぁ、他のメンバーもちゃんと写真撮ってますからね(^-^)




学プロリーダー・のんちゃん




学プロの雑学王・石川さん




学プロのお母さん・紀子さん




学プロの姫・志保さん




そしてロンリーボーイの僕ですね
(男は背中で語る物だということで...寝癖がひどい(´Д`))



今回撮った写真は新しいHPの「スタッフ紹介」で掲載しますのでご期待ください。

では皆さんまた会える時を楽しみにしています(^-^)

みんなのアイドル(まだ言うか・・・)
しょーちゃんでしたm(_ _)m


復興学びのプロジェクト過去ブログはこちら



にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ


-----1泊学びのプログラムの様子-----

2012年12月 9日 23:30


こんにちわ。
ボランティアメンバーのキャノンです。
今回は撮影チームとして1泊プログラムに同行させていただきました。
その様子をご紹介したいと思います。

1日目は、地元ガイドによる東日本大震災当日や、被災された時の状況などを聞きながら被災地を巡り、2日目はボランティア活動を行うプログラムでした。

最初に訪れたのは、志津川の町を見下ろす高台にある上山緑地公園。ここでは、被災状況の解説のほか、地元ガイドの佐藤紀子さんによる語り部も行われました。
東日本大震災で被災され、ご親族を亡くされた紀子さんのお話は、3.11で起こった出来事を風化させずに後世に伝えてゆきたいという強い思い感じることができました。

20121209ブログ①.JPG
20121209ブログ②.JPG

その後、プログラム参加者の新宗連の6名の皆さんにより、慰霊祭がとり行われ、参加者全員で東日本大震災の犠牲者に祈りを捧げました。

20121209ブログ3-1.JPG
20121209ブログ03-2.JPG

2日目には、南三陸町で主に菊の栽培・販売を行う小野花匠園さんに伺い、ボランティアを行いました。もともと、いち菊農家だった小野花匠園さんは、今年の2月に株式会社を立ち上げ、地元被災者の雇用を生み出す場となりたいと積極的に動いている会社です。また、農家を目指す若者の育成なども行っていて、現在は20名ほどの社員の方が働いているそうです。
↓こちらも是非見てください
小野花匠園さんホームページ
小野花匠園さんfacebook

20121209ブログ04.JPG

小野花匠園さんでは、お盆に合わせて苗つけした菊に、ビニールをかけるためのパイプを張る作業や、菊を同じ長さにカットし、揃える作業などをお手伝いしました。
ビニールハウスのなかとはいえ、小雪が舞い散るなかでの作業は身体にこたえましたが、共同作業で楽しく作業を終えることができました。

20121209ブログ05.JPG
20121209ブログ06.JPG

プログラムの終わりにひとりの参加者の方が、「実際に目にしてみないと、この被害の甚大さはわからないね。もっと大勢の人にこの現状を知って欲しい」とおっしゃっていました。
実際に私自身もこの地に立ってみて、震災当日に起こったこと、今後の復興のことなどに思いをはせながら、自分に何ができるかを今後も考えていかなければならないと感じました。今回初めて被災を訪れた私にとっても、感慨深いプログラムとなりました。

20121209ブログ07.JPG



にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ


---学びのプログラム ホタテ養殖作業のお手伝い---

2012年12月 2日 23:40

こんにちわ。
学プロチームのサポートのもりぞーです。
1泊プログラムの2日目(午前)に同行してきました。

日程はボランティア活動となっております。
町の北部にあたる歌津地区で漁業をされている方のお手伝いです。

20121202写真①.JPG

↑今日の作業場です。

養殖のホタテというのは、一本の長いロープにプラスチックのピンを刺し、
稚貝をそのピンに付けて海に沈めます。
その貝を付けるためのピンをロープに付けるというのが今回の作業でした。
一本のロープに90本のピンを付けます。
1つのピンには2つずつ貝が付くので、全部で180のホタテが養殖出来るわけです。

20121202写真②.JPG20121202写真③.JPG

ちなみにこんな機械があり、手作業でピンを付けていきます。

今回は2名(途中から僕も参加させて頂きました!)でおよそ3時間作業して
11本のピン付け作業をしてきました。

20121202写真④.JPG

これで2000個近いホタテが育つと思うとお腹が鳴ります。
で、今年はいくつくらい養殖されるかお伺いしたところ、
10万個(!)くらいとのことでした。
でも、以前は40万個(!!)だったそうなので、それを思うと四分の一になってしまっています。
震災後、各漁師さんごとの数を平等にしようというような話で、
たくさんやりたくても出来ないといった現状でもあるそうです。

でも、こうやって以前に戻りつつあり、前向きに頑張っていらっしゃる様子を見て
本当に嬉しい気持ちになりました。
インターネット販売も新たに始められたそうです。
http://www.odette-shop.com/products/list.php?category_id=23

町は元気になってきています。
でもまだまだ復興までは時間がかかります。
来ることで出来る支援・買って食べる支援・こうやって発信する支援。
出来ることを頑張っていきたいと思います。
それでわ。




にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ


ー学びのプロジェクト 企業スタディ編ー

2012年12月 2日 18:25

みなさん、こんにちは。
ユナイテッド・アース現地リーダーの北子です。

12月に入り、南三陸町は本格的な厳しい寒波です。
みなさん、お元気でお過ごしでしょうか?

さて私、先日関西に戻り、これまで南三陸町にお越しいただいた企業様へ
お礼と現地報告を兼ねまして数社訪問させていただきました。

実は、昨年7月ごろから「学びのプロジェクト-企業スタディツアー-」と
題しまして、これまでに約100の企業、団体様に
南三陸町へお越しいただいてるのです。

「学びのプロジェクト-企業スタディツアー-」とは、


被災地を感じる
被災地から学ぶ
被災地で対話する

をキーワードに企業のCSR活動として、
また新入社員様などの社員研修の一環として、
被災地での活動を通して、社会や地域への貢献、
地元の方々や社員同士の心の対話を通して、
つながりや一体感を育むスタディツアーです。

前置きが長くなりましたが、今回訪問させていただいた企業様ですが、
報告の場を非常に楽しみにしてくださってました。
(それだけでも感謝感謝です)


IMG_0715.JPG

まず、仮設住宅でネイルアートの支援をいただいた企業様では

「もっと社内やお客様も巻き込んで、支援を続けよう」
「全社員が集まる場で被災地での活動映像と体験発表の時間を取ろう」

など、次々とアイデアをいただきました。


また、あるバス会社様では

経営陣から新入社員までお集まり下さり、深々と感謝の言葉を伝えていただきました。
こちらの企業様は現地ボランティアの後方支援として、定期的に食料や布団など長期に渡る
ご支援をいただいているのですが、実は社内で飲むコーヒーを一杯50円で募金として集め、その中から
食料などを送ってくださっていた事をお聞きしました。


コーヒー一杯飲まれる度に、南三陸町やボランティアの事を想いながらお金を入れてくださってたんだろうな。と
想像すると、涙が出そうなくらい、感動と感謝の気持ちが溢れました。


IMG_0719.JPG


最後に、月日が経つのは早いもので、
まもなく東日本大震災から二回目の年末を迎えようとしています。
都心部では、震災や被災地の情報は全くと言っていいほど、なくなっていると思います。
しかし被災地では、瓦礫がまだまだ山積みであり、町は冠水し、人口も減少する一方です。
復興に向けてとても重要な「人」の力がまだまだ必要なのです。

個人としてできることもありますが、企業だからこそできる支援が3年目を迎えようとする今、とても重要な時期に
来ていると町の状況を見て、強く強く感じます。

我々も被災地での支援活動、
そして新しい産業と雇用を創出する仕組みを町の方々と共に創出し続けていくことを、
これからも勢力的に継続していきます。


IMG_0723.JPG


改めまして、これまでお越しいただきました各企業、団体の皆様、本当にありがとうございました。
心から感謝申し上げます。
そして、ぜひまた被災地へ足を運んでいただければ、嬉しく思います。



にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ


---祝・参加人数500名突破!---

2012年11月26日 15:42

こんにちわ。
学プロチームサポートのもりぞーです。

ちょっと集計してみました。
今年の3月16日から始まった"復興学びのプログラム"ですが、
今月11月末でおよそ9ヶ月になりました。

なんと!
回数にして66回。
総勢535名のお客様にご参加頂きました。

関西発の夜行バスプランから始まり、
仙台発プランや日帰りプラン。
公民館に宿泊するプランもあれば
ボランティアの拠点に宿泊することもありました。

お客様のご意見など伺いながら、現地の状況なども見ながら
プログラムは日々改良されていっています。

以前にご参加いただいた方にもぜひまた来ていただきたい。
そんなプログラムを目指して本日もミーティングでした。

20121125ブログ.JPG

それでわ。




にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ


---手作りと思いいっぱいの学プロチーム---

2012年11月22日 13:23

こんにちわ。
学プロチームのサポートボランティアのもりぞーです。

今日はちょっと宣伝などしてみたいと思います。
学プロチームはまだまだ始まったばかりのチームなので、
何かと手作りをしております。

まずはこちら↓

20121122写真②.JPG
☆ダウンロードちらしはこちらから☆

南三陸でカラオケ店を経営していた佐藤紀子さんが作成しております。
よかったらダウンロードしてみてくださいね。
印刷して宣伝していただくのも大丈夫ですよ(笑)。

そして、ご参加いただいたお客様には、
このプログラムのことや南三陸の情報がたっぷり詰まった
手作りしおりをお渡ししております。

20121122写真①.JPG

これは参加していただいた方限定なので、
表紙だけしかお見せできないのが残念です。

来ていただいたお客様に少しでも多く学んでいただき、
そして少しでもよい思い出としてもらえるように日々全員で頑張っております。
僕もその皆さんを少しでもサポート出来るように頑張っていきたいと思います。

これからも学びのプログラムをよろしくお願いします。




にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ


○●戸倉地区 被災地ガイドの様子●○

2012年11月18日 22:26

こんにちわ。
学プロチームのサポートボランティアのもりぞーです。
今日は1泊プラン(初日午前)に同行させていただきました。

本日のアテンドは石川さん、お客様は5名様となっております。
全員が集合したところで本日の日程やその他注意事項など説明し、出発です。

20121118学プロ①.JPG

午前中は被災地ガイドの時間です。
場所は南三陸町戸倉地区、町の一番南側に位置し、町内で一番津波が高かったところとなります。

戸倉小学校は震災前々日の余震の際に避難経路の見直しを行いました。
震災当日にはその見直し通りに避難ができ、生徒さんは無事だったこと。
雪の降る気温マイナス5度のなかでみんなが寝ないで夜を明かしたこと。

波伝谷の海岸沿いの元々国道があったところから街の様子を眺め、街についての話をお伺いしました。
この場所が湾になっており、その為に波が高さを増し、被害を甚大にしたこと。

20121118学プロ②.JPG

現在稼働し始めた災害廃棄物処理場は分別からリサイクルまで行い、この場所で54万6000トンの処理を行うそうです。
1日95トンの焼却が出来る炉が3基出来上がっており、バイオマス発電炉が完成することでトータル1日300トン程を焼却処理できるそうです。

20121118学プロ③.jpg

戸倉中学校の近辺は、町内で一番波が高かったと言われている場所です。
体育館の壁は壊れておりますが、この目線の高さは海抜20mを超えています。

20121118学プロ④.jpg20121118学プロ⑤.jpg

校舎も被災して今は使われていません。
生徒の皆さんは隣町の仮の校舎にて授業を受けていました。
ただ、たった1日だけ、2012年3月10日に慣れ親しんだ校舎でということで元の学校の校舎で卒業式を行われたそうです。


色々なお話を聞き、この災害がどれほどのものだったかを改めて感じさせられました。
参加された皆さんも本当に熱心にお話を聞かれていました。

この記事が学びのプログラムに参加して頂ける少しぐらいのきっかけになったら。
1人でも多くの方が学び、考え、何か協力していけたらと思っています。

今後とも復興学びのプログラムをよろしくお願いします。


★南三陸復興学びのプロジェクトチームブログ一覧はこちらへ


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

★☆今度はほうれん草が育ちます☆★

2012年11月15日 10:58

こんにちわ。
学プロチームのサポートのもりぞーです。
今日は外活動の様子をご紹介します。

学プロチームでは、企業様や団体の皆様もご案内させて頂いております。
先週は、石川県の企業様で"コマニー株式会社"様にお越しいただきました。
コマニー様は、今年の7月から継続して来て頂いている企業様で、
いろいろな営業所の方が定期的にいらっしゃっております。
今回は石川県からのチーム13名様です。

南三陸の町は沿岸部にありますが、山も近くにあるという場所になります。
畑なども多くあり、今回の活動は"畑仕事"でした。
春先にはじゃがいも・夏から秋はにんじん、今回はほうれん草を植えていただきました。

作業リーダーは我らが学プロチームの石川さんです。
今日の予定は、畑に石灰をまいて、鍬で耕した後に種をまくといった流れです。

20121115ブログ①.jpg
石川さんによる鍬の使い方講座

なんと、石川さんはこの先日にぎっくり腰をやらかしており、
痛みでうなっておりました・・。

にんじんを収穫したあとの雑草が生い茂っておりますが、
みなさん頑張って耕しております。

20121115ブログ②.JPG
ビフォア

20121115ブログ③.JPG
アフター(種まき中です)

20121115ブログ④.JPG
一日がかりで作業を終え、記念撮影を一枚

みなさまホントにお疲れ様でした。
このほうれん草は仮設住宅などにお配りしたりして皆様に召し上がっていただいたり
という支援へとつながっていきます。
こうやってたくさんの方がバトンをつなぐような支援の形というものもあります。

ぜひ、学びのプログラムにご参加くださいませ。
おまちしております。


★南三陸復興学びのプロジェクトチームブログ一覧はこちらへ


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

★☆学プロチームのオフィスより☆★

2012年11月11日 08:00

こんにちわ。
学プロチームのサポートのもりぞーです。
今日はちょっとオフィスの風景をご紹介しますね。

週に1回、毎週月曜日の午後からチームミーティングを開催しています。
こんな感じです。
ブログ20121111①.jpg

どうやったらもっとたくさんの方に参加していただけるか。
参加していただいた方に継続的に現状を伝えていける良い方法はないか。
内容を充実させるためにはどうしたら良いか。
今後の予定とハンドリングをどうするか。
などなど。
ご参加いただいた方からの意見や、実際に現場でご案内してみての問題点など、
日々の最新情報も取り入れてどんどん新しいものになっていきます。

ブログ20121111②.jpg
ブログ20121111③.jpg
みなさん真剣です。

ブログ20121111④.jpg
たまにはしょーちゃんも真剣です(奥)。

ちょっと前にも紹介がのってましたが、チームのフェイスブック
"復興学びのプロジェクト"もこのミーティングで生まれました。
↑友達申請お待ちしております

今日のプログラムの様子(←できる限りですが)や、写真のアルバムなど、
来ていただいた方にも・これから来ていただける方にもすこしでもお伝えできるように
どんどん更新していきます。

でわ、南三陸でお待ちしております。


★南三陸復興学びのプロジェクトチームブログ一覧はこちらへ


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

★☆学びのプロジェクトチームより10月31日~11月1日プログラム☆★

2012年11月 8日 13:14

こんにちは~o(^▽^)o
南三陸復興学びのプロジェクトチーム・のんちゃんです(・∀・)!!

先週の木曜に大阪から来た医学生・いわっちと一緒に
『泊浜(とまりはま)』の漁業支援に行って来ました(^-^)

高橋さんのお宅で漁業支援をしたのですがここはなんと、
学プロチームのしほちゃんのお宅なんです!!

しほちゃんの旦那様は忙しく、そのお母様が対応してくださいました。
とても気さくで、お話好きのお母様でした。



震災当時の状況や、漁業に対する損害など、
沢山お話を聞かせて頂きました。

本日のお仕事は、ホタテのピン刺し。



1本のロープに90本のピンを指して、180個のホタテを養殖してます。
震災前は90万個のホタテを養殖していましたが、今年は4万個。。。

単純に数字に直すと、被害の大きさがよくわかります。

今までと同じ生活をするためには、養殖だけでは食べていけない。
新しい事を始めないといけない...と頭を悩ませていました。

とりあえず、ネット販売を始めたそうですが...
正直、パソコンなんてよくわからない。
この歳になってから覚えるのは難しいと...

確かに!! 
50歳過ぎてからパソコンを使いこなすのは至難の技ですよね。
私も使いこなせて無いので、その気持ちがよくわかります(´Д` )!!

どんどん復興しているように見えても、
以前と同じ生活とまではいかない事が、よくわかりました。




南三陸町のホタテは美味しいんですよ~(*゚▽゚*)
プリプリしてて、とても甘くて(((o(*゚▽゚*)o)))
ぜひ、南三陸町にお越しの際には、ご賞味ください!!



最後に、志保ちゃんの旦那様といわっちです。


★南三陸復興学びのプロジェクトチームブログ一覧はこちらへ


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

学びのプログラム 石巻を視察

2012年11月 8日 10:50

こんぬづわー!!
 
学びのプロジェクトチームと協力し活動させて頂いた、いのっちこと笠岡真之介です。
 
今日は、TEAM4030(チームシオザワ)様のツアー続きを書きます。
前回は、クリスマスローズの植栽などを通して学んだ事気付いたことを書かせ頂きました。
この活動だけでも、とても充実した時間を過ごさせて頂いたのですが、この後も内容の濃いツアーが続きました。
 
前回のブログはコチラ
http://united-earth.jp/minamisanriku/2012/10/post-342.html

 
クリスマスローズの後は南三陸町のお隣、登米市で行われたUEカフェin登米市に参加してきました。
 
UEカフェは、被災地の方々の体験談や、長期ボランティア、現場リーダーからの生の声を通して現状の課題を共有し、共に未来に向けて何ができるかディスカッションしていく発展的な場です。
 
今回は、初めて被災地東北で行われたUEカフェでした。
詳細は、10月22日のブログ「UEカフェin登米市 報告レポート」をご覧ください。
 
TEAM4030(チームシオザワ)の皆様も真剣な眼差しでシンポジウムに耳を傾け、メモを取り。ディスカッションでは活発な意見交換をなさっていました。
IMG_9170.JPG
私も参加をして、たくさんの方々のご意見や想いにふれることができ、とても有意義な時を過ごすことが出来ました。
IMG_9192.JPG
  
そして翌日21日は、被災地石巻を視察しました。
 
南三陸町とは違う被災地を見ることで、津波の恐怖をより感じることが出来ました。
DSC02855.JPG
 
土地土地で違う津波の被害。
 
広大な範囲にわたる津波の被害。
 
そして、現在の被災地それぞれの問題。
DSC02850.JPG 
現地に赴くからこそわかる現状を、改めて肌身に感じることが出来ました。
TEAM4030(チームシオザワ)様のツアーを通して、様々な人と出会い、多くの土地を訪れ、沢山の想いに触れることが出来ました。
 
私は南三陸町で、長期ボランティアとして活動していますが、これからも多くの方々の想いを繋いでいけるような活動を続けていきたいと、改めて想いました。
 
想いを十人十色あります。
そんな想いを・・・
被災地への想いを・・・
できることなら現地へ訪れることで、届けて欲しいと思っています。
 
最後にTEAM4030(チームシオザワ)様をはじめ、今回のツアーを共にすることが出来た素敵な仲間達に「ありがとう!!」


★南三陸復興学びのプロジェクトチームブログ一覧はこちらへ


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

★☆10月27日~28日プログラム☆★

2012年11月 4日 11:41

こんにちは(*^_^*)  
南三陸復興学びのプロジェクトチームの高橋志保です!(^^)!
しほちゃんと気軽に呼んでください(*^_^*)

いよいよ11月もスタートしましたね。
南三陸町は日に日に寒さが増しています。
現在も南三陸町は解体工事や基礎工事が始まり
町の様子は毎日変わって行っています。

そんな中、10月27日~28日に1泊2日
『南三陸復興学びのプログラム』が行われました。
登米市役所のバス乗り場の手前で
「南三陸復興応援学びのプログラムの参加者様~」
と私の呼びかけからプログラムが始まりました(*^_^*)

参加者様の中には仲良し親子での参加者様、
3度目の参加者様もいました(*^_^*)
本当に嬉しいです。
参加者様と1日目歌津地区の視察に回りました。
歌津町では歌津大橋という大きな橋がありました。
津波によって破壊されてそのままの姿で現在も残っています。
参加者の皆さんも驚いていらっしゃいました。
震災前の伊里前の写真を見て
「ここにはたくさんの商店街があったんだね」や
「あんな大きな橋が壊れるとは...」
など一瞬にして町が消えた姿をみておっしゃっていました。

2日目は宿泊させていただいた志津川小学校の仮設集会所で
住民の方とおしるこを食べながら交流させて頂きました。

まなぷろ1.JPG


28日は南三陸町では生憎の雨で
なかなか集会所には人が集まりませんでしたが、
集まって頂いた方から現在の町の様子など、
いろいろとお話しを伺わせて頂きました。
仮設住民の方々が布を使ってティッシュカバーなどを
制作・販売をされてるとお話しをしたら、参加者の方が
「布切れが沢山あって処分に困っていたので、よければお送りします」
と提供のお話をしたら、住民の方々は大喜びしていました。



私は南三陸町住民と参加者とのつながりを感じ本当に心が温まりました。
ほかの皆様も仮設住民の小学生と卓球をしたり、
カードゲームをしたりとたくさんの笑顔が見れました!!



福興市も生憎の雨でしたが、参加者の皆さんには楽しいと喜んで頂きました。



今回もプログラムは涙もあり、感動もあり、笑いもありましたが、
震災・防災についてたくさん学んで頂き、参加者様からは
「実際に足を運んで津波の高さが想像以上で被害の規模の大きさも
こんなに広いとは思わなかった」
「今度はぜひ家族で参加します!!」
というお言葉を頂きました。
南三陸町民の私自身とても励まされ、より復興に向けての意欲も頂きました。

本当にありがとうございました。      




しほちゃん


★南三陸復興学びのプロジェクトチームブログ一覧はこちらへ


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

学びのプログラム facebook

2012年10月29日 20:49

皆さんお久しぶりです(^-^)

今月からマナプロチームに加わったしょーちゃんです。
 
僕はマナプロチームのWEB班として入ったのですが、

まだまだ分からないことばかりですが頑張って行きたいと思います。

 


さて今回は知ってる人は知っているかも知れませんが、先日マナプロのプログラムをfacebookでリアルタイムで更新した時の裏話を少しお話します。


 


今回は日帰りのプログラムだったのですが、最初のお出迎えの時撮影班で出た僕が渋滞にハマりまさかの遅刻(/_;)

急いで登米市役所に向かうもやっぱり皆さん出発した後でした・・・

 

気を取り直して登米から南三陸町に向かい出発しました。

上の山公園にて語り部をしている紀子さんのもとに向かおうとしたのですが

またしても、渋滞にハマり通常30分のところがまさかの1時間かかってしまいました(/_;)


 


何とか間に合い、早速写真を撮り始めました。

今回の参加者のお二人も真剣に紀子さんの語り部と町の説明に耳を傾けてくれました。

 


manapuro2012.10.26-01写真1.jpg

 

さて、お昼時になりましてさんさん商店街に移動しました。

ここでは皆さん自由行動なんですが、紀子さんと参加者のお一人が一緒の所で昼食を食べる

ということだったので撮影を紀子さんにお願いして写真を撮らせていただきました。


manapuro2012.10.26-02写真2.jpg

「はしもと」さんの「はしもと膳」を頂いたそうです、美味しそう^m^
 


この後は南三陸町のベイサイドアリーナに向かいました。

そこでは南三陸町の昔の写真や震災当時の写真を見ながら紀子さんが説明してくれました。

僕も久しぶりに昔の写真を見て当時の事を思い出していました。皆の楽しそうな顔が懐かしかったです。

manapuro2012.10.26-03写真3.jpg

時間が迫ってきましたがなんと参加者のお二人が時間を延長してほしいということだったので

まさかの1時間延長をしました。

それほど真剣に聞いてくれているんだと思いうれしく思いました。

 

戸倉地区に移動して海沿いと、そして戸倉中学校でアテンドをしました。

この戸倉中学校は高台にあったのですが、津波の高さが想像を超えていて1階が浸水してしまいました。


manapuro2012.10.26-04写真4.jpg

さて、こんなことをfacebookでリアルタイムでUPしていたのですが、戸倉中学校でUPしている時まさかの置いてけぼり・・・とゆうかUP作業中にネットの動作が遅くなってしまい、遅れてしまったんですけどね\(^o^)/

 

急いで帰りのバスが出る登米市役所に向かったのですがやっぱり、間に合いませんでした(ToT)/~~~
 
なので結果、お迎えの時とお帰りの時の写真が撮れませんでした。

 


もし次もやってみる機会があったらこんなことがないようにします(反省)

 


ではでは、皆さんまた会いましょう!!(^o^)丿

 

facebookで「復興学びの プログラム」を探してみて、お気軽に友達申請してくださいね~(^-^)

 
 
 
 
★南三陸復興学びのプロジェクトチームブログ一覧はこちらへ


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ



学びのプログラムより クリスマスローズ植栽!

2012年10月24日 23:51

こんぬづわー!!(南三陸町の方言:こんにちは)
 

学びのプロジェクトチームと協力し活動させて頂いた、いのっちこと笠岡真之介です。
 

10月20日21日の2日間で行われたTEAM4030(チームシオザワ)様のツアーと共に活動させて頂きました。
 

キヅキや学びが盛りだくさんの2日間を過ごさせて頂きました。
 
ですので、長文になる予定ですが・・・・お付き合いくだされば幸いです。
 

1日目午前は「漁家民宿やすらぎ」様での活動

 
IMG_8634.JPG

民宿の方だけでは手が回らない草刈りのお手伝い。
 
被災地では、人手が足りなくて草刈りが追いつかず、秋を迎えた今でも草が伸び放題の地区が、まだまだ沢山あります。

 
IMG_8702.JPG
IMG_8737.JPG
 
クリスマスローズの苗を植栽させて頂きました。
 

おかみさんの「東日本大震災で亡くなった多くの犠牲者に対する鎮魂の想いと、復興への想いを込めて、クリスマスローズの丘を創りたい」という願いに向けた第一歩です。

 
写真.JPG

そして、クリスマスローズの丘を含めたこの場所に、たくさんの花を咲き誇らせることで、復興の象徴としたいという想いを込め、おかみさんと考えた名前を記した看板を作成しました。


写真02.JPG
 
南三陸復興花見咲(みなみさんりく ふっこう はなみさき)

 
名前と看板に込めた想い
 
「いつの日か、この場所に
 
たくさんの花が、咲き誇り
 
多くの方々の想いが、永久に繋がり続けますように・・・」

 
写真 - コピー.JPG
 
この第一歩は、漁家民宿やすらぎの方々はもちろん、TEAM4030様をはじめ、私の所属するユナイテッドアースTEAM KIZUNAで共に活動する大切な仲間、親切に対応して頂いた石巻市の種苗屋さんなど、多くの方々の力が一つとなり踏み出せた一歩です。

 
人それぞれ想いは違えど、たくさんの方々の想いが繋がっている。
 
IMG_8835.JPG
 
そんな素敵なキズキがあった貴重な活動でした。

 
これ以上書くと、「長すぎ!!」

と言う声が聞こえてきそうなので・・・・・


この後の活動はまた後日!!

★南三陸復興学びのプロジェクトチームブログ一覧はこちらへ


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ


みんなで真剣に考え語り合う場、シェアリング

2012年10月18日 23:16

こんにちわ。
学びのプロジェクトチームをサポートしているボランティアのもりぞーです。
本日は1泊のプログラムに出てくる"シェアリング"についてご紹介します。

121018share01.jpg

"シェアリング"とはその名のとおり、皆さんで共有するということなのですが、
このプログラムでは、プロジェクトに参加されている皆さん・現地で活動しているユナイテッドアースのメンバーなどが集まり、
いろいろな思いなどを共有します。
昨日の夜は、ボランティアの宿舎・通称バタケにて集まり、震災当日の映像を10分くらい見て、
その後に5~6人くらいずつのグループに分かれ約1時間くらい話をしました。
震災の当日に何をしていたか・なぜここに来ようと思ったのか・復興していくのに何ができるのか・・・など、
いろいろな思いや考えがあり、互いにそれを伝え合います。
最後にグループで何を話したのかを短く発表し、終了です。
全部で1時間半くらいの時間となりますが、皆さん真剣に話し合いをされていました。
南三陸町という場所に来て、あえてその時間を作り、いろいろな方の思いや考えを聞くことにより、
お互いに色々な発見があったり、学びを得ていかれます。

121018share02.jpg

僕もたまに参加しますが、こうやって集まった皆さんの思いが少しずつでも広がっていったらいいなぁといつも思います。

それでは、南三陸町でお待ちしております。




★南三陸復興学びのプロジェクトチームブログ一覧はこちらへ


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

★☆学びのプロジェクトチームより 9月のプログラム紹介☆★

2012年10月11日 10:09

こんにちは、学プロチームの紀子です。
朝晩めっきり涼しくなり、体調を崩したりしていませんか?
私は、風邪をひいてしまいました。喉がいたい・・・咳が大変です(*_*;
みなさんも体調管理には気を付けてくださいね。

8月9月とたくさんの方が南三陸町を訪れてくれました。
先日9月21日には、人間関係学会の方々が細浦仮設集会所を訪ねてくれました。
人間関係学会様と細浦住民の関係は、学会の会長様が以前この地区を訪れ
それ以来のお付き合いになるようです。

manapuro1010-1.jpg

manapuro1010-2.jpg

今回の交流会では、細浦仮設にお住いの大森もとこさんから、震災当時の様子、
コミュニティーの大切さを話していただきました。
震災当時、細浦地区には住民と避難した人合わせ300名の人たちが
孤立状態になっていました。
その300名の食糧を確保し、平等に分配するのに苦労した事
時には、ひと家族にバナナ1本、300名いるとのに卵1パックしかこなかった事、
これを解決したのは、毎日ミーティングをして物資の現状をみんなで共有すること
だったそうです
皆さん、熱心に話を聞かれ今後とも是非支援したいと話しておりました。
大変ありがたいですね。(*^。^*)


<9月25日  日帰りプログラム>

南三陸町にあるユナイテッド・アースの拠点である
通称「ばたけ」に参加者様をご案内しました。

manapuro1010-3.jpg

ボランティアの皆さんがどんな生活をして、どんな活動をしているのか・・・
興味ありますよね~
長期ボランティアメンバーのフィフティーが活動内容を説明してくれました。
皆さん、真剣に耳を傾けていました。

manapuro1010-4.jpg

今度は是非ボランティアとして、南三陸町に来ます・・・と話していました。

この私に何が出来るのだろう・・
●もう一年半経っているから、もうボランティア必要ないんじゃないの・・・って勝手に
思い込んでいました。
●テレビやメディアだけじゃわからないことばかりでした。
●実際に被災地された人の話を聞けて、普段の生活が当たり前ではないということに
気が付きました。
●復興なんて・・まだまだ先の話だった。
●来てみないとわからない事がたくさんありました。
●地元に帰ってこの現状をみんなに話したい。
●必ずまた来ます・・・・など感想を持って皆さん美プログラムを終了して帰られます。

そして何より私たちが元気を頂いております。
私たちのプログラムは1泊2日と日帰りと、本当に短い時間ですけど、この南三陸町に
来ていただき自分の目で見て、感じて・・頂けたら・・・と思います・

南三陸復興学びのプログラムへの参加お待ちしてります。


★南三陸復興学びのプロジェクトチームブログ一覧はこちらへ


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ


★☆復興学びのプロジェクトチームより 7月のボランティア活動☆★

2012年9月13日 14:13

南三陸復興学びのプロジェクトチームの高橋志保です(*^_^*)


あっという間に7月8月が終わり9月になって気温もだいぶ涼しくなってきました。
7月8月もたくさんの方々が南三陸復興学びのプログラムに参加して頂きました。
夏休みを利用して親子での参加者様もいらっしゃいました!!
本当にありがとうございました。

どんどん町の建物が解体され保健センターなど無くなっていっています。
本当に寂しいですがきっと復興に近づいているのだと思いながら頑張っています。

*~7月のプログラムのボランティア活動~*

仮設住宅の集会所でお茶会をしたり、仮設周辺の除草作業、漁業支援など沢山の活動をし
て頂きました!!!

manabi0913-1.jpg
漁業支援にてホタテの養殖ロープにピンを通す作業です

manabi0913-2.jpg
...わかめの袋詰め作業...

manabi0913-3.jpg
平成の森の仮設住宅にある長生き坂の除草作業とひまわりを植えました(*^_^*)

manabi0913-4.jpg
わかめの養殖ロープの掃除をして頂きました(*^_^*)

manabi0913-5.jpg

manabi0913-7.jpg
~志津川小学校の仮設集会所にて紙芝居・お好み焼きで交流会をしていただきました~

manabi0913-8.jpg
あらと神楽を鑑賞・さんさん商店街にて買い物支援をして頂きました(^O^)

manabi0913-9.jpg

manabi0913-10.jpg

manabi0913-12.jpg

manabi0913-11.jpg
暑い中ボランティア活動作業頑張って頂きました(*^_^*)

manabi0913-13.jpg

manabi0913-14.jpg
~被災地視察の様子...みなさんガイドを一生懸命聞いて下さりました~

manabi0913-15.jpg
仮設住宅の周辺の除草作業をして頂きました(^O^)
短時間ではありましたが、こんなにたくさん除草して頂きました!!
仮設住宅の住民の方々も大変喜んで頂けました!!

manabi0913-16.jpg

manabi0913-17.jpg

manabi0913-18.jpg

manabi0913-19.jpg
伊里前保育所に参加者の方がお友達と折り鶴お折って寄贈して頂きました!!
とっても綺麗な折鶴をありがとうございました(*^_^*)

伊里前保育所の建物の高さ1m40㎝まで津波が来ました。
津波が植物の種を運んで、園庭は草だらけになり、子ども達ものびのび遊ぶことが
出来なくなっていました。保育所の先生だけでは追いつかず、除草作業の要請を頂き
参加者の皆さんにもお手伝い頂きました。

保育所では運動会もあるので先生方、子ども達からお礼のお言葉をいただきました。

※~日帰りのプログラムにも多くの方にご参加頂きました~*
南三陸町の視察メインのプログラムになります!!
実際足を運んで見て想像以上の津波の高さを感じられた。
地元に帰って防災に対して見直したいなどのお言葉を頂きました。

manabi0913-20.jpg

manabi0913-21.jpg

manabi0913-22.jpg

manabi0913-23.jpg

manabi0913-24.jpg

manabi0913-25.jpg


本当にたくさんの方々に訪れて頂きました!(^^)!
私たち自身たくさんの励ましのお言葉を頂き本当に元気を頂きました!(^^)!
毎回とっても素敵な出会いをありがとうございました!!
これからも南三陸町を宜しくお願いします。

★南三陸復興学びのプロジェクトチームブログ一覧はこちらへ



にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

このPageのTopへ↑
Facebookオンラインショップ

 

 

広域支援サイト

 

3.11大震災関連サイト「絆」手を携え、前に!

ホーム南三陸町復興応援プロジェクトとは現地インタビュー福興市イベント情報活動ブログボランティア募金募集
震災ライブラリ避難所の様子ご支援ありがとうございます支援活動記録一覧お問い合わせサイトマップ

Copy(C)2011 南三陸町復興応援プロジェクトチーム All Rights Reserved.