復旧は今の現役世代、復興は次世代を担う南三陸の若者たち!

 更新日:2011年09月04日(日)

こんにちは。現地リーダーの佐藤です。
110903-青年-0309.jpg
昨日は南三陸町の皆様と共に、食事会&交流会を開催しました!総勢約30名前後が集まりましたが、素晴らしい1日となりました。
110903-青年-7188.jpg
地元の宮司さんから、震災当日の赤裸々な話を聞かせていただきました。また、新しく入ってきたボランティアの皆さんはどういう思いで南三陸町に来ようと思ったのかの対話交流もさせていただきました。

そんな中、地元の若い人たちから「自分の町をどうしたいのか?明確に意思を持つことが重要なんだと今日深く思いました!」という熱い話があったのです。
110903-青年-0263.jpg
しかも、
「これだけの災害からの復興は、正直、自分たち町民だけでは復興できない。だからこそ、ユナイテッド・アースをはじめ、外部の皆様との連携や協力が必要です。どうぞ、これかもよろしくお願いします!」という、本当に光栄な言葉をいただき嬉しくなりました(^^)
私たちの町であり国なのですから、何事も自分事として捉え、最大限の相互信頼と相互協力で、共に復興に向けて努力していくことが今求められているのだと思います。
国は元々、財源不足に頭を悩ませて問題を先送りにし続けてきた結果、「日本は借金が1000兆円以上ある国」になってしまいました。
そのような状態で、今回の東日本大震災が起こったのですから、もう誰かの他責にしてはいけないのです。国や県、町の責任にするのではなく、私たち一人一人が「どんな町にしたいのか?」勉強して知識を得て、そして行動して、明確なビジョンを持って、実践していくことが大事なのではないでしょうか。そういう機会に、昨日は地元の皆様と思いが1つになれたことが本当に嬉しかったです。

今後も継続的に、町民の皆様と定期的に対話を重ねさせてもらいながら、復興活動を続けてまいります。皆様のご支援・ご指導を何卒よろしくお願いいたします。