長須賀海水浴場のこと。

 更新日:2013年04月27日(土)

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ


↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。
こんにちは。
南三陸町の歌津地区に、長須賀海水浴場があります。
歌津-8205.jpg

(2011年夏頃撮影)

とはいっても、
あの津波による瓦礫の数々が砂浜に、海中に、
今なお埋まっている状態です。
震災前の写真を見ても、面影を感じる事は難しくなってしまったそうです。

私が”彼ら”に出逢ったのは3月のある日。
3月10、11日の活動の打ち合わせでボランティア団体のTSUNAGARIさんを訪ねた時。
それは、高校生漁師の三浦秀人くんをリーダーとする、
長須賀海水浴場の復活を信じて、ビーチクリーン活動をする「シーモンキー」でした。
32623_427583153998307_173411986_n.jpg

10、11日には、私も一緒にビーチクリーン活動に参加しました。
(その時のブログ)

「やっぱり地元の海で泳ぎたい」
皆が口にしたその言葉がずっと胸に残っていました。
あれから数度、活動に参加したり、砂浜を見に行きました。
やっぱり、掘っても掘っても、養殖網や鉄の棒などが出て来ました。
せっかく集めたのに、
強風でまた散らばっていくのをどうしようもなく見ていた時もありました。
P1060749.JPG

それでも、子ども達や地域の方々はあきらめずに毎週活動しています。
遠くは沖縄からも応援の方々がお越しになったり、
DSC_6808.JPG
UEの団体ボランティアでやって来た方々にも、
シーモンキーたちと活動してもらいました。
大きな瓦礫もマンパワーで持ち上げ、運び、やっと集積所に持っていくことが出来ました。

417941_439962502760372_1894743191_n.jpg

3月には流木や鉄くずの小さな山があった砂浜から、
大きなものは消えました。
先日撮ってきた砂浜の様子です。
DSC_6905.JPG

7月15日の海の日のOPENを目指しています。
大きなものはなくなりましたが、
貝殻、小石、養殖網が散らばっています。

でも、5月中に砂浜を完全にきれいにする事が出来れば、
海水浴場にするための整地、整備作業にいよいよ入れます。
518~519.jpg 518 ~519-2.jpg

5月18、19日。
ビーチクリーン大作戦を行う事にしました。
地域の方々、各ボランティア団体が協力して、
子ども達の夢を、大人たちで少し、後押ししようという企画です。
申込みはこちら

ぜひ、皆様も少しだけ、お力を貸して下さい!