早朝、漁で出逢ったのは・・・

 更新日:2012年11月07日(水)

みなさん、お疲れ様です!
どうもセマムです。
先日、定置網にかかったウミガメを沖の海に放流してきました!
IMG_0059.JPG

10月某日、朝の忙しいセリの時間に一艘の船からウミガメがやってきました。
種類は朝日鼈甲(あさひべっこう)というようで、甲羅に朝日の紋様があるのが特徴です。
名前からして何やらとても縁起がいいですね~^^
どうやら、定置の網にかかってしまったところを漁港までもってこられてしまった様・・・。
セリにもかけられないので、とりあえず漁港の水槽に1泊してもらい、翌日放流することに。
IMG_0064.JPG

ということで、翌日、一日の作業が終わってから荒砥でカキの養殖をされてる漁師さんの船に乗って、いざ、カメの放流へ。

亀の放流は豊漁祈願にもなるそうで、お神酒を飲ませて放流するそうです。
まるで、昔話の様ですね。

漁港に船が到着して、早速船に乗せてもらいました。同行させてもらうメンバーもここまで大きな漁船に乗るのは初めてなのでみんなテンションが上がっちゃってます。
出港すると、そこには普段見慣れてるはずの漁港の景色とは別の景色がたくさんありました。興奮と感動と海の寒さに一同震えながら、放流先の沖合に出発!
IMG_0147.JPG

IMG_0072.JPG

IMG_0120.JPG

亀にお酒を飲ませるの図。
どことなく、酔っぱらって見えるのは気のせいでしょうか?

IMG_0105.JPG

船で放流先に向かう途中、周りにたくさんの養殖場や定置網が。
自由に走れそうな海ですが、実は沿岸部は船の道路があることを知りました。

IMG_0176.JPG

船で走ること30分程、神割崎が右手に見えるあたりで停止して、いよいよ放流です!
少しお酒臭くなった亀を抱きかかえ、船のヘリから海に「えいっ!」

IMG_0140.JPG

すぃ~っと泳いで、10秒も経たないうちに見えなくなりました。
「酔っぱらって、また定置にかかるなよ~。」
IMG_0144.JPG

帰る時間にはかなり日も落ち始めていたので、空の景色が変わっていました。
雲間から覗く太陽は、まるで朝日鼈甲の紋様の様で、豊漁祈願の成功を表しているようでした。
IMG_0148.JPG
IMG_0153.JPG

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ