譬え、小さなアリでも成し遂げられること

 更新日:2012年08月25日(土)

こんにちは、ノルウェーから来た留学生のアンです。
 
ユナイテッドアースにお世話になった十二日間はあっという間に終わってしまいました。
林業をはじめ、草刈り、ワカメの作業、漁港のタコ、老人ホームでの蕎麦打ち体験、ホテル観洋でのプール監視など幅広い活動をやらせていただいたお陰で様々な新しい経験ができました。 
  
P8052433.JPG
DSC_2274.JPG
ボランティアに来る前、ノルウェー出身の私は受け入れてもらえるか少し心配でしたが、ユナイテッドアースには優しい人ばかりで、現地の人々からも頑張って下さいと応援の言葉を頂いたので来てよかったと思います。毎日美味しい和食を食べさせて頂き、様々な楽しい活動をやらせて頂いただいていると、私は被災地にいるということを忘れてしまう程、充実した楽しいボランティア生活を過ごすことができました。しかし、自然の中の南三陸を通ると数多くの家のない土台や防災対策庁舎を目にし、今も続く住民の苦労を感じました。
DSC_2553.JPG 
DSC_2304.JPG
短期でボランティアに来る人の多くは帰る前のスピーチであまり何も役に立てなかったと嘆いていました。私ができた支援もアリのように小さいものだったかもしれません。しかし、小さなアリでもみんなで協力することで一匹では成し遂げられないことも達成できると信じています。頑張っている多くのボランティア達の姿を見て、これからも一緒に南三陸のために頑張ったら少しでも現地の人達の役に立つことができると思います。
DSC_2328.JPG 
私はこれからは違う道を歩みますが、機会があったら是非南三陸の復興に貢献したいです。そして将来復興した南三陸を再び訪れることを楽しみにしています。


にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ