仮設住宅で炊き出し

 更新日:2012年04月14日(土)

こんにちは。フィフティです。
4月8日の晴れの天気ではありますが、風がまだ冷たい日に戸倉の仮設住宅の集会所をお借りしての炊き出しに初めて参加しました。
 
前日の夜に10名ほどのメンバーで仕込みを行いました。
私はイカの頭の部分を食べれる部分と軟骨や目にわける作業を手伝って居ましたが、なれない作業のため人に墨を飛ばしてしまったりしました。
305539_208114185958874_100002808836755_255331_1891185810_n.jpg
 
当日のメニューは、薬味とワカメのご飯と焼きそばです。
 
528913_208114082625551_100002808836755_255328_282398453_n.jpg
現地で仕込み時の通りに作ったつもりが、「足りないかも?」と一緒に参加したメンバーで話しながらその場で少し試行錯誤をしていると、予定より早く炊き出しをすることになり、集会所の食べるスペースをあけたり少し焦りました。
 
炊き出しが始まると、子供からお年寄りまで沢山の人が来られ、お友達同士だったり、仮設住宅のご近所同士などあっという間に集会所は満員に。
炊き出しの焼きそばは、外で調理し、作ってる所が見れ、作り方を見ている方も居ました。
 
523869_207860392650920_100002808836755_254739_1981275919_n.jpg
531281_207860415984251_100002808836755_254740_1756759218_n.jpg
集会所の中では様々な方が生活の情報を交換しあったり、被災時の話をしていたりしました。
私は炊き出し中にお茶を出そうとしても地元のお母さん方に「お茶は私達がするのでゆっくりしてください」と言われたり、「わざわざ来てくれてありがとう」と言われました。
炊き出しも、戸倉の仮設住宅の一軒一軒に地元のお母さんと一緒に回り、お届けしました。
 
そして、炊き出しをしている私達に逆にお味噌汁や煮物の差し入れをいただきました。
 
私は南三陸町へ来る前は「自分が行って何ができるだろう」と思いながらずっと居ましたが、来てからどこへ行っても逆にお礼をいただき、申し訳なく思っています。
南三陸町の方々が日々復興に向かって少しずつ歩んでいる途中を私も微力ながらお手伝いでき、同時に出合いに感謝しております。ありがとうございます。
 
そして、戸倉の近くでは桜がもう少しすると咲くと思います。炊き出しは少し寒い日でしたが今年の南三陸町の春ももうじきです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村   
人気ブログランキングへ