学童保育支援の移り変わり

 更新日:2011年12月01日(木)

こんにちは。キッズサポートチームリーダーのずみです♪
私はキッズサポートチームが出来上がり、
学童保育支援のスタートから終わりまで関わらせていただきました。
 
学童支援はそれまでやっていた他の団体さんから引き継ぎ、
9月5日から志津川の学童を、9月12日から歌津の学童をスタートしました。
学童経験のないスタッフでスタートしたので、1日の流れや雰囲気が全くわからず、
子どもに聞きながらやっていくと言う状況でした。
毎晩夜遅くまでミーティングし、
日々良くなっていくようにみんなで話し合いをして、次の日試してみて、
またその日の夜にミーティングをして…という日々を送っていました。
 
私は9月16日で一旦帰ったのですが、自分はただ子どもと遊んでいてただけで、
本当にこの町のため、子どものために何か出来たのかと疑問を抱きました。
 
 
そんな思いもあり、2回目来ることに決めました。
10月になると町の学童指導員が決まり始め、だんだんとその数は増えていき、
11月には学童指導員が全員決まり、町の方たちだけで運営出来るようになりました。
 
最後に学童支援に入った日に、
保護者の方に「本当にありがとうございました。助かりました。」と言われて、
初めて自分がしていたことが役に立っていたんだと思い、
嬉しくて泣きそうになりました。
 
ありきたりなことばかもしれませんが、保護者の方のその言葉に私は本当に救われました。
 
 
今回私たちが役に立てたのは、
学童保育を利用しているお母さんや子どもという限られた方々だけかもしれませんが、
自分たちがやってきたことの意味はあったんだと思うことが出来ました。
 
これからもキッズサポートチームは、
一人でも多くの子どもが元気に遊ぶことができ、
笑顔になっていけるよう活動していこうと思います。
子どもの笑顔が親や他の大人たちに広がっていき、
笑顔が繋がっていったらいいなと思います(^-^)
 
TYP_0462.JPG
 
YTP_5815.JPG

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村   
人気ブログランキングへ