第8回 福興市

 更新日:2011年11月29日(火)

こんにちは。
ボランティア・リピーターの”こんの”です。
 
11月27日。第8回福興市が開催されました。
DSC_0106.JPG
 
4月末から始まった福興市も8回目を迎え、
これが今年の最後です。
 
この日は霜が降り、車の窓も凍りつく程の寒い朝。
7時に会場のベイサイドアリーナに集合。準備開始です。
次第に太陽も昇りポカポカ・・・暖かくなってきました。
 
ふと空を見上げると・・・・快晴!!
青い空と眩しい太陽の下に広げられたレインボーフラッグが
とっても綺麗でした☆
PB270018.JPG
 
開始の9時30分を待たずにお客様が次々に来場されます。
PB270045.JPG
 
 
第1回目の時は20店舗ほどだったお店も、回を重ねるごとに増え
今では60店舗以上。
そしてその半数以上を地元の店で出店出来るようになりました。
PB270038.JPG
PB270022.JPG
 
 
 
瓦礫だらけだった4月。
その惨状にただ茫然として私たちボランティアも涙涙・・・。
笑顔も少なくお客様同士が交わす挨拶も悲しいものでした。
何を話し、どう接すればいいのか分かりませんでした。
 
 
それが2回目、3回目と続く中、笑顔が明るくなってきました!
声を出して笑えるようになりました!
冗談も言えるようになりました!
 
心の中はまだまだ悲しみでいっぱいなんだと思います。
私が想像する以上に必死なんだと思います。
 
 
でも、南三陸町の皆さんが明るく笑顔で話しかけてくれるなら、
私も明るい笑顔で応えようと思います。
 
 
福興市をきっかけに沢山の人と出会えました。
第1回目から楽しいパフォーマンスで明るく盛り上げてくれていた
笠岡の方たち。今ではメル友です。
PB270048.JPG
 
ボランティアを終えても、ここでまた会える懐かしい仲間たち。
出会いってホントに素敵!
PB270040.JPG
 
 
 
第1回目に「南三陸が生まれ変わるのを絶対見る!」と誓って
八か月が経ちました。
「どこかの知らないボランティア。」の私が「こんのさん」って
読んでもらえる様になりました。
それがとっても嬉しい☆
 
 
今、私の周りは早くも震災の記憶が薄れています。
被災地を気遣う様子すら見えなくなってきています。
私がこうして被災地に足を運び「今」を伝える事で、1人でも
多くの人が、今でも消えない傷を抱えて頑張っている人たちが
いる事を思い出してもらえたら・・・
そうなるようにこれからも通い続けます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村   
人気ブログランキングへ