伊里前保育所の運動会!

 更新日:2011年10月01日(土)

こんにちは。キッズサポートチームで活動している、21歳しほ&いけちゃんコンビです。
今日は、伊里前保育所で運動会がありました。
運動会では主に、先生方の補助を行い、子どもたちを見守っていました。
DSC01034.jpg
主任の方にお話を伺いました。
『やれてよかった。とにかくほっとしています。準備に1ヶ月かかりました。震災時はお昼寝中でした。保育所が約50cm浸水。子どもたちは3分の2が保護者の迎えにより帰宅しました。残りの子どもたちは、職員とともに裏山に避難し、3日間歌津中学校の体育館に滞在することになりました。家に帰した子どもたちの安否がわからなかったため、帰したことを後悔したりもしました。
子どもたちと先生は無事が確認できましたが、中には家族が被害にあった人もいました。子どもたちの半分が今もなお仮設暮らし(主任さん自身も仮設暮らし)。そのような状況の中とにかく運動会が終わってほっとしています。震災後の夏祭りができなかったので、運動会を楽しみにしてくれている方も多く、子どもたちも笑顔で一生懸命だし、親も子どもの姿を見たいと思うので、そのためには先生たちが元気に盛り上げていくのが一番だと思います。』
DSC01081.jpg
DSC01054.jpg
blogisatomae.jpg
今回このような子どもたちの笑顔を作り出すことができたのは先生方の熱意や子どもたちに対する想い、また応援に来てくださるみなさま、たくさんの支援物資によるものだと思います。
DSC01051.jpg
震災から約半年が経ち、私たちの周りの人たちの東北に対する想いも薄れてきてしまっているように感じます。震災直後の募金活動や現地での活動を機に、その後は何もできずにいましたが、ユナイテッドアースという大きな受け皿があることを知り現地でのボランティアを決めました。
子どもたちとの関わりから、私たち自身も元気をもらい、子ども達のきらきら輝くたくさんの笑顔がこの町を元気づける活力になっているのだと感じました。
DSC01044.jpg
キッズサポートでの活動を通して、見て、感じて、考えたことを私たちの周りの人達だけでなく、もっとたくさんの人達に発信していきたいです。