まりりんの被災地ボランティア

 更新日:2011年06月25日(土)

今日は避難所や仮設住宅を一軒一軒まわって、福興市のチラシ配りをしました。CIMG6962.JPG 
CIMG6960.JPGのサムネール画像

 仮設まわりをした際に、お年寄りで一人暮らしの方がみえて、中にお邪魔させていただき、津波の時の話や、趣味の話など、たくさんのお話を聞かせてもらいました。話してくれたおじいちゃんのお話に共感することはできても、津波が来た時の恐怖感や、全てを失うことがどういうことなのかを理解することは不可能に近く、お話を聞くことで、どれほど役立てているのかは分からないけれど、一人暮らしの方にとっては、話を聞いてもらえるだけで十分なのかな、といった印象を受けました。
 一軒一軒、仮設住宅のお宅訪問をする中で、顔見知りの方たちに「いつもご苦労さまです」と言っていただいたり、顔見知りの子どもたちの笑顔に癒されたり、お茶をごちそうしていただいたり、たくさんの元気をいただきました。
 ボランティアをしていると、本当にたくさんの方が「大変だね」と言ってくださるのですが、疲れることはあっても、個人的には大変だと思うことはほとんどありません。逆に、元気をもらうことの方が遥かに多いので、周囲の方々に日々支えていただきながら、毎日笑っていられるのだと思うと、本当にありがたい気持ちでいっぱいになります。毎日、数え切れないくらい聞く「ありがとう」の言葉に感謝しながら、明日も笑顔で楽しく過ごします♫
まりりん