3月10、11日のボランティア活動~4~

 更新日:2013年03月18日(月)

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ    

☆多くの方に読んで頂くためにクリックお願いします。↑↑↑

P1070338.JPG

13時過ぎより、法要が始まりました。
まず、この地域に古くから伝わる「お念仏」という儀式。
皆で大きな数珠をまわしながら祈ります。
P1070364.JPG

そして、それが終わると、
地域の方々へ免許証とお骨が見つかったことが報告されました。
その時の、どよめき。
あの場にいた私はこのどよめきが一番印象に残っています。
鳥肌が立ちました。
集まったおじいさん、おばあさん達は感極まった様子で、
手を合わせ、頭を下げていました。
それに合わせるかのように、
お坊さんが海に向かって作られた祭壇で、
お経を唱え始め、花とお団子を海へ手向けました。
P1070401.JPG

地域の方々も順に焼香し、
ボランティアメンバーもその後に続きます。
P1070417.JPGP1070443.JPG
P1070504.JPGP1070512.JPG

14時半。
P1070546.JPG
私は、海の上にいました。
震災発生の14時46分に合わせ、
海上と防波堤から法要・献花が行われるためです。
DSC_6422.JPG

その、時刻に鳴り響くサイレン。
そして船は汽笛を鳴らしました。
DSC_6466.JPG

目を閉じ、犠牲になられた多くの命に、祈りを捧げました。
献花しようと目を開けると、目の前には、
昨日の強風にも関わらず、穏やかで、底まで見えるほどきれいな海がありました。

“全部嘘だったらどんなにいいだろう”
ここへ来て、何万回も思いました。
こちらへ来てから、
いつも、目の前には穏やかできれいな海がありました。
DSC_6503.JPG

「哀悼」とは人の死を悲しみ悼むことですが、
「哀惜」とは人の死を悲しみ惜しむことだそうです。
私は大好きになったこの町の、会えなかった人たちの事を思うと、
哀惜の念を感じます。
人なつっこくて、時々なまりが強いけど、おしゃべり好きなおばあちゃん達。
最初はとっつきにくくて、ぶっきらぼうだけど、慣れてくるとすっごく優しいおじいちゃん、おんつぁん達。
大好きです。

ここにはまだまだ、そんな人たちが沢山いたんだろうな。
DSC_6515.JPG

・・・後で聞いたのですが、
海上での法要中、船のすぐ横に、アザラシが出現したそうです。
とても珍しいことだそうで、
「会いに来たんだよ、絶対そうだよ」
皆さん興奮気味に話していました。
DSC_6480.JPG

この2日間は、
改めて、震災時の気持ち、震災直後の活動を思い出し、
祈りと、さらなる支援活動への誓いを新たにした2日間でした。
IMG_2809.JPG

また、今回、主催されたTSUNAGARIさんには大変お世話になりました。
毎晩、遅くまで打ち合わせや資料作成などをされて臨まれた10、11日でしたが、
疲れなんて感じさせず、100名を超えるメンバーの士気をを高め、
各所の要請も2日間で完了に導かれました。
ボランティア自体も減っていく中、
私たちボランティア団体が横の繋がりを強化する事で出来ること。
今年の新しいヒントをいただきました。
これからもよろしくお願い致します!
IMG_2472.JPG