◇1年の振りかえり◇最終回

 更新日:2013年03月28日(木)

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ    

☆多くの方に読んで頂くためにクリックお願いします。↑↑↑

シリーズ企画でお送りしてきました。
「緊急雇用創出事業が始まって以降のみんなの想いや変化」
今回が最終回です。
ラストを飾るのは『高橋 翔太さん』です。
*.:・.。**.:・.。**.*.:・.。**.:・.。**.*.:・.。**.:・.。*

どもども、しょーちゃんこと高橋翔太です(*´ω`*)

いつも面白可笑しく?テンション高めにブログ書いてます。
楽しんでもらえていれば幸いです(*^_^*)

今回のブログは真面目にこの一年を振り返ってみたいと思います。

本当に沢山の事がありました。

その中でも2つ書きたいことがあるんで書かせてもらいます

1つは自分の事
この一年本当に沢山たくさん色んな事がありました。
辛いこと、苦しいこと、悲しくなること、沢山たくさん・・・
でもそれと同じくらい楽しいことがありました。

そして震災が起こってからずっと自分の中にあった見えない鎖のような物
それがほぼ無くなったこと

あの日から僕には何が出来たんだろう?
なんであの日僕は生き残ったんだろう?
なぜ?何故??ナゼ!!??

そんな事ばかり考えてました・・・

でも今年に入ってから撮影の技術を教えてもらってる人から
「やりたいことをやったらいいよ」って言われた
ずっと我慢してた、今やるべきじゃない事だと思って

「やりたいことやって君が笑うことが出来たらそれが一番復興してるってことだよ」って
なんか泣きそうになってしまった(笑)
誰かに言って欲しかった言葉で、今を生きてるのを許された気がした

だから今までしなかった事をこれからはしていこうと思ってます。
翔太ブログ用 (2).JPG

さて2つ目は今まで出会って来たボランティアさんに言いたいことです

皆ここにきて何が出来たんだろうとか思ってませんか?
「たった2泊3日しかいなかった」
「1か月いたけど何が出来たんだろう?」
「1年近くいたけど役に立てたんだろうか?」

色々聞いてきましたがそんなことはありません。

僕がボランティアの皆をアテンドしていた時必ず言っていた事があります。
「活動をするうえで楽しんで活動をしてほしい」
この事を毎回アテンドをする時に言っていました。

楽しんで活動するということは笑顔で活動すること
これはこの町を見てから活動するのは難しい事だと思います。

でもあなたたちが笑うことで幸せに思っている人たちが沢山いるんですよ

笑顔ってとてつもなくすごい力が有るんです
「頑張ろう」って「強くなろう」って思うことが出来るんです。
翔太ブログ用.JPGのサムネール画像

今までこの町にきた人たちに・・・
アナタたちが今まで残してきた努力や頑張りは決して無駄じゃない。
アナタたちのおかげで沢山の笑顔が増えたんです。
だから自分のことを責めないで下さい、それはこの町で笑顔で頑張って行こうと
思っている人たちを否定することになります。

何も出来なかったんじゃないから、アナタたちはとても素敵な物を残していったんです。

これから来る人たちに・・・
この町はとても素敵な町です。
笑顔が沢山溢れているところです。傷つき、泣いて苦しんで、
それでも立ち上がろうと、心の底から笑おうとしています。

だから被災しているところだけじゃなくて、この町の素敵な所も見ていってください(*´ω`*)

というわけでなんか一年の振り返りってテーマに合ってるかどうか分かりませんが
このあたりで失礼します(;´д`)

さぁ、笑って生きますか(*゚▽゚*)
だって今日も空は青い


ではではバイバイです( ´ ▽ ` )ノ