最近の南三陸復興応援プロジェクト

 更新日:2015年08月20日(木)

皆様。こんにちは。
震災から4年5か月。南三陸町は少しずつ平穏を取り戻し、新しいまちづくりに向けて歩み出しています。高台移転に向けて用地買収はほぼ目処がつき、いまは毎日1000台規模のトラックが町中を走行して、造成工事と家や公共施設の建設工事を進めています。ちなみに工事全体が終わるまで、あと2年間はかかる見込みです。

 

DSCF3699

 

 

 

DSCF3709

 

また、これまで全国から参加したボランティアの皆様とのご縁=絆を別の新しいカタチで育むための「南三陸応縁団」が町主催で発足。現在会員800名が登録し、南三陸町との交流を深めていっています。

 

震災直後の3月22日より活動を始めさせていただいた、私たちの南三陸町復興応援プロジェクトは、復興の歩みとともに内容も徐々に進化しています。現在は復興支援と地域再生の両輪を軸に活動しています。特に、震災以降、人口流出の激しい南三陸町に新しい住民が増えるよう、南三陸町復興応援バイトというプロジェクトを立ち上げ、完全移住するまでのファーストステップの場所として、シェアハウスを町内で運営し、南三陸町に移り住んだ人たち同志のつながりを育む機会を創っています。

 

IMG_0298

 

これまで述べ100人の人達が参加しており、現在も南三陸町、宮城県と連携しながら活動を広げていく動きを進めています。働く場所と住む場所をつなぎ、そして、そこに移住者の夢をかなえる場所を目指して、東北から日本の新しい未来が垣間見える取組をさらに進めています。

 

引き続き、応援のほどよろしくお願い致します。

 

佐藤
人気ブログランキングへ

↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけるとありがたいです。