子供たちのためにと、仕事の合間にボランティア活動するママ

 更新日:2013年06月28日(金)

はじめまして、南三陸町出身の佐藤千尋(21)ですヽ(〃´∀`〃)ノ
ボランティア活動を経て南三陸災害エフエムの技術スタッフとして2年間働きその経験を活かして情報に特化したNPO法人を申請中です。これからブログをちょくちょく投稿させていただきますので、よろしくお願いいたします!(^^)

只今、南三陸町民の今感じていること・震災から2年が経ってみて町の状況などを収録しているんですが、今回は、南三陸町出身で絆ロールを作っている28歳で、1児のママである「三浦宮倫子(くりこ)」さんに会って色々とお話を聞いてきました。(実は、三浦さんに会いたかった私です。)

Q.震災から2年3ヶ月経ってみて町の状況はどうですか?
A.「まだまだ復興までは程遠いですが、皆が精一杯頑張って少しずつ町が元気になっていると思う。しかし、家や家族を失い、まだまだ困っている人がたくさんいるのが現状だと思います」

三浦さんは、家も仕事場も流されず頑張れる環境にあるので仕事場がなく困っている人を雇用することで復興の一助になればと思い、絆ロールを作り頑張っているそうです。

また、絆ロールだけでなく、三浦さんは、地元の海「長須賀海水浴場」の清掃活動のボランティア活動を仕事の合間に行っているそうです。
DSC_0569

Q.どんな活動をしているんですか?
A.「長須賀つながりビーチ子供海広場、7月20日のオープンに向けて毎週土曜日午後14時からビーチクリーンをしています。地元の海で泳ぎたいという子供たちのために頑張っています!」
DSC_0544

とお話してくださいました。
ママとして子供を育て、パティスリーくりことして絆ロールを作り、仕事の合間にボランティア活動も行う・・・。とてもパワフルな方だなと思いました。自分もこんな素敵な女性になりたいし何より元気を三浦さんから頂きました。お会いできて本当に良かった!!

最後に、三浦さんからメッセージを書いていただきました。
IMG00275_20130623001804952