今年も参加!よさこい&ねぷたin豊里

 更新日:2013年08月22日(木)

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。

広報班の麻子です。

DSC_2216 (1024x685)

8月14日、
登米市の夏の一大イベントともいえる、
「よさこい&ねぷたin豊里」が開催されました。

昭和63年から始まったお祭りが徐々に発展し、今の形になったそうです。
主催者側の皆さんからは、
お盆に合わせて帰ってくる方々に、「お帰りなさい」の心も込めて開催されるんだよ、
北海道のYOSAKOIソーラン祭りで賞を取るチームが来るんだよ、
などと教えてもらいました。

DSC_2141 (1024x685)

私達も前年に引き続き、運営のボランティアとして参加しました。
しかも、今回のボランティア参加者の多くは、
平日には南三陸町内の水産加工場などで汗を流す、復興応援バイトメンバーでした。

DSC_2151 (1024x685)

DSC_2146 (1024x685)

普段、一緒にボランティア活動をする事がなかなか出来ないので、
今回の機会は私達ボランティアメンバーと復興応援バイトメンバーにとって、
貴重な1日となりました^^

DSC_2152 (1024x685)

朝の7時半~夜は21時半頃まで、
豊里駅前の周辺に設けられた3会場にて、
総勢16名のメンバーはテント立て、司会補助、誘導、撮影、飲み物の準備など、
それぞれの持ち場に分かれて活動しました。

DSC_2212 (1024x685)

DSC_2150 (1024x685)

開会式では宮城県出身の現防衛大臣、小野寺五典さんも駆けつけて下さり、

DSC_2171 (1024x685)

恒例になりつつある?登米市の布施市長が旗を挙げるなか、

DSC_2186 (1024x685)

全チームが集まって一つの曲で踊る「総踊り」からイベントはスタート。

DSC_2180 (1024x685)

DSC_2184 (1024x685)

この日は朝から夜まで快晴で、暑い一日。
33チーム800名あまりの踊り手さん達と、
焼きそばや焼き鳥、風船、かき氷などを販売する出店、
よさこいとねぷたを楽しみにやってきたお客さん達で、
封鎖された道路は埋め尽くされ、その光景は圧巻でした。

DSC_2263 (1024x685)

DSC_2280 (1024x685)

このイベントの実行委員の皆さんは私達に、
「休みながらでいいよ」「今は大丈夫だから演舞を正面から見ておいで」
と優しくお気遣い下さり、
合い間合い間には、
「どこから来たの?」「この東北弁分かる?」
と話しかけて下さり、
長丁場だと思っていた一日があっという間に過ぎていきました。

DSC_2298 (1024x685)

同じ日に南三陸町では盆踊り大会が仮設商店街の「さんさん商店街」で開催されたそうです。
初盆のお宅では提灯を玄関に飾ったり、
お盆明けには灯籠流し、と日本の昔ながらのお盆の習わしがここには残っているんですね。

その一端にボランティアとして微力ながらお手伝いさせてもらい、
様々な方と交流できた、一日でした。