ストーリー311、第2弾!

 更新日:2013年12月11日(水)

img_cover

「ホタルノヒカリ」で有名な漫画家、ひうらさとるさんが発起人となり刊行された
「ストーリー311」の第2弾の発売に向け、
第2弾制作の為のクラウドファンディングが残り時間が僅かとなりました!
12/20までです!
漫画で描く東日本大震災 “ストーリー311” の第2巻をつくりたい!

※ストーリー311とは?
ストーリー311ホームページ

第1弾の制作の際はユナイテッド・アースも取材協力をさせてもらいました。

クラウドファンディングサイトをご確認いただくと分かる通り、
実は、必要な経費、200万円はすでに集まっています。
開始から数日で決して安くないこの金額を達成できたこと、
同HP内の「支援コメント」を見ても、期待度の高さが窺えます。

今回はさらに、集まった額に応じて、

●達成額300万円以上の場合
第1巻、第2巻ともに英語翻訳化してグローバル展開します!

震災や原発が抱える問題は、国際的にも重要なテーマ。
多くの人に伝える手段として「MANGA」の力が大きく貢献すると考えています。

●達成額400万円以上の場合
次なる第3巻の出版に向けて着手します!

と、継続して被災地の「今」を伝え続けたいと表明されています。

第2弾は
ひうらさとるさん
青木俊直さん
うめさん
おおや和美さん
岡本慶子さん
さちみりほさん
新條まゆさん
ななじ眺さん
二ノ宮知子さん
葉月京さん
松田奈緒子さん
の11名の漫画家さんが集結。

第2弾の今回も、微力ではありますが、取材協力をさせていただく予定です。
震災時や震災から少し後までの体験が中心だった第1弾。
ならば、第2弾はどういうものを、読んでいただく皆さんにお届けするのがいいのだろう・ ・・?

そして、おそらくこの第2弾は震災から3年を経て発刊されると思いますが、
取材の中で、
震災から3年、住む場所や立場や抱えている問題も違うけれど、
激動の被災地でひたむきに懸命に生きている方々に出逢っていただき、
それぞれの漫画家さんがどう伝えて下さるのか・・・。

前回と同じく、取材を通して共に笑い、共に泣き、悔しさも怒りも感じ、葛藤も抱えながら、
きっと素晴らしい漫画にして届けて下さるような気がします。

DSC_9964 (1024x685)

最新の情報は随時お伝えしていこうと思います!


↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。