【BRT】に試乗してきました!!

 更新日:2013年11月23日(土)

こんにちは。

先日、まなプロチームの美恵さんと二人で、
BRTに試乗してきました。

DSC_7408 (1024x685)

皆さんは【BRT】ってご存じですか?

BRTとは、バス・ラピッド・トランジット(bus rapid transit)の頭文字をとっています。

バスを用いて都心域の大量公共旅客輸送幹線を実現するシステムを指す。
和訳では「バス高速輸送システム」。
主に北米(および中国)で用いられる用語である。
なお正しくはBRTではないが、日本では単純に形態をとらえて、専用走行空間を有する、もしくは運行車両に連節バスを用いる路線バスを指して「BRT」と呼ぶ例がしばしば見られる。
(ウィキペディアより)

東日本大震災により、沿岸部の路線は甚大な被害を受けました。
南三陸町ではJR気仙沼線が被災し、陸橋などが壊れたままとなっていますが、
断線している区間をJRバスが走り、交通を支えています。

DSC_7429 (1024x685)

これまでは登米市の柳津駅から、
国道45号線を中心に町内の主要な場所をバス停に、気仙沼までを繋いでいました。
でも、先日からは1部区間は旧線路上を道路にしてJRバス専用区間として走っています。

DSC_7442 (1024x685)

DSC_7440 (1024x685)

場所によっては車道より沿岸部を走ります。
これまで気づかなかった漁港を発見したり、車道側からしか見たことのなかった橋などを反対側から見たり、
南三陸町にいながら見ることのなかった、知ることのなかった景色に触れることとなりました。

DSC_7436 (1024x685)

DSC_7443 (1024x685)

沖縄から来ている私とは違い、
美恵さんは中学、高校とよくこの電車を利用していたそうで、
元々住んでいた場所で「次、降ります」のボタンを押しそうになったり、
当時の思い出を話してくれたりと、
私とはまた違った想いがあったようです。

DSC_7434 (1024x685)

旧線路の道路ではJRバスだけが走りますので、信号もありませんし、渋滞もありません。
国道も走りますが、交通状況による遅延が比較的少ないのがBRTの利点のひとつ、かもしれません。

南三陸町の観光協会さんのHPに仙台よりお越しになる際の案内が載っていますので、
こちらにお越しの際は、ぜひ乗ってみてはいかがでしょうか(*^^)/
観光協会さんのHP

DSC_7453 (1024x685)


↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。