【震災から3年8ヵ月後の南三陸町】

 更新日:2014年11月18日(火)

こんにちは。

今年も残すところ、1ヶ月となりましたね。

 

皆さんはどんな年末を過ごされるのでしょうか?

今日は、震災から3年8ヵ月が過ぎた南三陸町の様子をお伝えします。

 

☆;.+*:゚+。.☆;.+*:゚+。.☆

【戸倉地区】

◆波伝谷(はでんや)

今もなお、津波で破壊された防波堤がそのままになっています。

写真1

 

そして、波伝谷の高台移転候補地。

ここのブルーシートが張られている箇所に、19世帯の家が建つ予定です。

写真2
◆折立(おりたて)

こちらでは10m以上のかさ上げが進んでいます。

写真3
昨年度で閉校になった戸倉中学校。

ボランティアさん達のおかげで、中はとてもきれいなまま。

壊すのか残すのか、まだ未定なままです。

写真4

渡り廊下も

写真5

学校の時計も

写真6

3年前のままです。

 

でも、きれいな海と、きれいな空は、震災前のまま。

写真7

写真8

ここに23mの津波が押し寄せたなんて、

今でも考えられません。

 

【志津川地区】

◆さんさん商店街

写真9

11月からキラキラいくら丼が始まっています。

 

南三陸キラキラ丼は

11月10日に全国丼グランプリで金賞を受賞しました。

写真10

 

商店街横のポータルセンターでは

写真展も展示さてれています。

写真11

 

◆防災庁舎

庁舎の前では10.6mのかさ上げが進んでいます。

写真12

今まであった道路は埋められ、迂回路が新たに作られました。

写真13

残すのか、壊すのか、まだ方向性の決まっていない、防災庁舎です。

写真14

 

『奇跡の会館』高野会館です。

こちらは残したいと聞いてますが、

この周辺は11mのかさ上げが進んでいます。

撤去命令がでるとか?出ないとか?

写真15

 

◆中央地区:天王前(てんのうまえ) 45号線沿い

ここも高台移転の候補地として造成しています。

写真16

ここは海抜20.4mですが、かさ上げではなく

山を削って、場所を作っています。

写真17

 

この市街地復興エリアには震災前にも町にあった、

ウジエスーパーが建設予定になっています。

これができれば町内のお買い物が楽になりますが…

完成予定は2017年3月だそうです。

写真18

 

◆ベイサイドアリーナ

総合体育館アリーナ周辺でも、高台移転の造成が進んでいます。

この写真の左下に位置しているボランティアセンターは

この造成のため、今年度で閉鎖となります。

写真19

 

◆志津川地区:清水(しず)

ここも3年前に被災したままの清水浜駅

写真20

清水地区での、高台移転候補地の様子

写真21

写真22

 

◆歌津地区:伊里前(いさとまえ)

こちらも、伊里前湾の被災したままの水門です。

写真23

☆;.+*:゚+。.☆;.+*:゚+。.☆

町中は3年前と変わらない箇所もあれば、

復興が進んで、元の町とはかけ離れた場所も多いです。

 

そして、町民の気持ちも、この町から離れてしまった方も多いです、

が、しかし、それでもこの町を守り続ける人がいます。

 

この町が好きで、住む人が好きで、まだまだここで暮らしたい。

それが、この町に住む人の想いです。

 

震災からもうすぐ4年になりますが、

町ではまだまだボランティアを募集しています。

 

先日、漁業のお手伝いに行って来ました。

ボランティアさんが来てくれるから助かる。

本当にありがとう…

何よりの褒め言葉でした(^_^)/

 

作業場から見える歌津の海です。

写真24

これからも、この海を守り続けたいと思います。
 
 
人気ブログランキングへ

↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけるとありがたいです。