『町の様子:志津川地区』

 更新日:2015年07月03日(金)

みなさんこんにちは。

 

最近の南三陸町は梅雨入りしたということもあり、ぐずついた天気が続いています。

早く梅雨が終わり、青空が綺麗に広がる町並みを見たいものです(´・ω・`)

(ですが、この日は梅雨の中休み、青空が広がっていました!)

 

さて、今回のブログでは、志津川地区の様子をお届けしたいと思います。

 

少しずつではありますが、津波浸水区域のかさ上げ工事も進んできており、

風景が徐々に変わってきています。

 

また、新たな居住地となる高台移転促進事業も着々と進んでおり、

町内のいたるところでは復興事業に関わる重機・大型トラックが動き回っています。

 

まず志津川中学校から志津川地区中心部を写した写真です。

志津川中学校から - コピー

 

時期が時期なので、草が青々と茂っているところもありますが、

海の方を見ていただくとかさ上げ工事が進んでいる茶色い土が見えます。
今後、高さ・範囲も増し、海岸線には8・7mの巨大防潮堤の建設工事も進んでいるので、海の見え方がかなり変わってくると思います。

 

次は旧志津川駅周辺の写真です。

IMG_3164 - コピー

 

IMG_3163 - コピー

 

先月に入ってから旧志津川駅周辺もかさ上げ工事がスタートし、たくさんの工事車両が出入りする場所となりました。
自分が思っていた以上に進捗が早く、写真ではわかりづらいと思いますが、かなり高く土が盛られていました。

 

最後に高野会館・病院・防災対策庁舎周辺です。

IMG_3166 - コピー

 

IMG_3167 - コピー

 

IMG_3173 - コピー

 

このあたりも徐々にかさ上げの高さ・範囲が広がってきています。

防災対策庁舎へ行く道も工事されており、現在は別ルートを通って庁舎敷地内へ入っていきます。

入っていく途中にかさ上げ工事をしているところの間を通り抜けるのですが、かなりの圧迫感があり、現地に来ないとなかなか感じることができないものがたくさんあります。

 

今回は志津川地区の様子をお届けしましたが、次回は戸倉・歌津地区の様子をお届けしたいと思います。

 

報道でもなかなか出る回数が少なくなってきている南三陸町。
写真を見ていただいても分かるように、まだまだ復興への道のりは長いです。

 

時々南三陸のことを思い出していただき、

今後も思いを寄せていただければと思います。

 

まだ町へ足を運んだことがないという方は、

ぜひ実際に皆さんの目で被災地を見ていただき、

歩いていただいて、テレビを通してでは感じれない部分を

たくさん感じていただけたらと思います。

 

今後もちょこちょこ町の様子を掲載していきますのでぜひご覧下さい。

 

一也
 

 

人気ブログランキングへ

↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけるとありがたいです。