「災害に負けない強い南三陸町になりますように」

 更新日:2013年09月17日(火)

9月11日、今日で東日本大震災から2年半。

 

やっと2年半、まだ2年半、表現の仕方は

それぞれかもしれませんが南三陸町は復興に向けて頑張っている最中です。

 

人口の流出が多い南三陸町ですが

地元を離れる人もいれば帰って来る人もいて、ボランティア活動に来て活動をして

住民票を移す人などもいて、南三陸町には魅力的な何かがあるのかなと思います。

 

地元を離れていた友達が、いつの間にか帰ってきて

漁師になっていたり、母校の恩師の手伝いをしていたり復興関連事業に携わっていたり

同級生も町のために何かしたいと思って帰ってきています。

 

友達と会うと、自然と南三陸町の現状や自分の将来について話してたり…。

 

完全復興するには、まだまだ時間がかかります。

皆で手を取り合って復興のため町のため何かできればなと思います。

 

震災のことも風化させないで次世代へと、震災のことを残して次に大きな災害が起きても

負けない強い強い南三陸町へとなってほしいなと思います。

 

2年半、色々なことを考えさせられる1日でした。

完全復興した南三陸町がどんな町になっているのか楽しみにしながら毎日元気に

1日1日を大切に過ごしていきたいです。

DSC_0113

南三陸町出身 佐藤千尋