★日栄化工様 スタディプログラム報告★

 更新日:2014年06月04日(水)

5月16日に大阪に本社がある、日栄化工様60名のスタディツアーのアテンドを実施しました。

第一班ということもあり、社長、常務以下役員の方を中心にお越しいただきました!

 

今回のきっかけは、昨年7月に個人で「学びのプログラム」に参加された

3名の社員さんの感想文に感動された役員の方々が、

社員旅行を兼ねてUEにスタディツアーを依頼してくださいました。

 

大型バス二台でいらっしゃったので、

二班に分かれていただき、町内視察とボランティア活動(今回はビーチクリーン)で

プログラムを構成しました。

nitieikakou-beach
※ボランティア活動の様子
みなさん一生懸命に活動いただきました。

 

最後の場では、清水社長より

「仕事でも、現場感を大切にこれまでやってきたが、

被災地をこれまで見ることもなく、勝手に自分の中で想像して自己完結していた。

まだまだ復興が進んでいない状況を目の当たりにし、

無意識に思い込んでいた自分に反省と共にたくさんの気づきを得ました。」

と参加された社員の方々に熱く伝えられていたのが、とても印象的でした。

nitieikakou

 

清水社長も今年の4月より独り立ちされて、日栄化工の社長として経営をしていく中で

「このタイミングで来れて、良かったです。ありがとうございました」

と深々とお礼の言葉をいただきました。

 

たった二日間の出会いが、多くの企業従業員様の経験知につながったこと、
その出会いに関われた事を通して
「ご縁がつながっていく嬉しさ」とやりがいをとても実感できました。

 

また10月にお越しいただけますので、精一杯対応したいと思います。