●○復興応援バイトを経験してみての感想 その5○●

 更新日:2013年08月16日(金)

南三陸町復興応援バイトに参加してくださった、
東海林 祐明さん(山形県出身)より、感想を頂きました
—————–

りんとん

先日「復興応援バイト」としての勤務が終了しました!
この半年間は辛いことも楽しいことも
書き出したらきりがないくらいいろいろなことがありました!

仕事では、従業員数が少なくかなりハードなことが多かったのですが、
“やりがい”はかなりあり、非常に有意義な半年間でした。

従業員のみなさんとも仲良くなり、
震災当時のことを笑いながら話してくれたり
体を気遣ってくれたり
「弁当のおかずにたべて!」といろいろな海の幸をいただいたりしました。

そして「ここに残ってくれたら嬉しい」とか
「この先も力を貸してくれ」とか
「やっぱ東海林君が居ないとだめだな」
などと言っていただき、
今まで地元でフラフラしていた自分が皆から必要とされ
ようやく居場所が見つかったような気がします。

復興応援バイトとしての期間は終了しましたが
自分はこの南三陸町が、町の人たちが、一緒に働く従業員さんが、
ほんとに好きで、これからもずっとここに居たいと思い、
勤務先で正社員として働きます!

そして町民になります!

自分の力が少しでもこの町や居場所を作ってくれた人たちの
力になれるようこれからも頑張って行きます。

まだまだ復興途中のこの街での仕事はそりゃきつい!
でも自分と同じようにこの町を、
そしてここに住む人、この町で働く人を好きになってくれる人が
どんどん増えてくれたら嬉しいです。

東海林 祐明