私どもユナイテッド・アースでは設立以降、海外支援、震災支援、教育、自然エネルギーの推進など、様々な分野の社会問題の解決に向け、世界中の仲間とともにプロジェクトを進めてまいりました。

特にこの数年は、地方創生や自然エネルギーの普及に力を入れ、太陽光発電においては、全国で15箇所・20メガのメガソーラー設置に携わり、また、関東・関西で継続して実施していたUE-Cafeを地方にて開催、地域活性化に向けて新たなプロジェクトをスタートさせてまいりました。

そして、これまでの実績や様々な志のご縁をもとに、自立循環型の社会を創るべく、日本の様々な自治体と連携していきたいと準備を進めております。特に、宮城・石川・滋賀・広島・福岡などの地域においては志に共鳴いただいた市長(首長)と共に、自立分散型のエネルギー社会を目指し、プロジェクトを進めていく予定です。

さらに、教育、医療、農業、住環境、新しい産業の創造など様々な面において、市民の力を結集し、自立型・循環型の「新しい社会モデル」を実現できる年にしていきたいと考えております。

今、地球に目を向けると世界に広がる格差社会、深刻化する環境問題、各地で続く紛争、テロ人々の心は傷つき、地球もまた悲鳴をあげています。
だからこそ、心が豊かに育まれる社会、他に依存しない自立した社会を、市民のチカラで実現することが求められているのではないでしょうか。

私たち一人ひとりが、どちらの方向に舵を切るかで、未来は決まります。
まさに今、社会は、私たちは、大きな岐路に立っているのです。今こそひとりひとりが力を合わせて実践しく時なのです。

これからもユナイテッド・アースは、新しい社会モデルの創造に向けた活動を、各自治体、大勢の市民の皆様と連携しながら、本格的に展開してまいります。

ユナイテッド・アース 代表世話人
渕上智信