今井絵理子さん講演会

 更新日:2011年11月01日(火)

こんにちは。
 
愛知県からキッズサポートチームのスタッフとして来ています、ちえです。今回は2回目の滞在になります。
 
10月22日(土)に、南三陸町PTA連合会主催で教育講演会が行われました。
 
ユナイテッドアースは、PTAより企画の依頼をうけ、被災地で大変な環境の中で、頑張られている親御さんたちに少しでも喜んでいただければと、今、母親として一生懸命子育てと仕事を両立させて注目を受けているSPEEDの今井絵理子さんにご出演をお願いをし、当日の企画、運営のサポートをさせていただきました。
  
DSC_0696.JPG
 
 
絵理子さんのお子さんは耳が聞こえない障害を持っています。でも、「障害は個性。不便
だけど、不幸じゃない」と前向きにとらえ、全国の子どもたちと親御さんたちに笑顔を届
けるイベントなどもされている方です。
 
今回は、
1. ドキュメンタリーの映像上映
2. 講演会
3. プレゼントライブ
4. 握手会
という流れで行いました。
 
ドキュメンタリーは以前テレビで放送されたものですが、絵理子さんが手話を習う姿や、お子さんとのやり取りのシーンもあり、私は舞台袖で見ながら、思わず涙が出てしまいました。
 
講演会では、絵理子さんの生き方や、被災地への想いをうかがうことができました。
 
 
絵理子さんは、お子さんのことで悩んだ時期もあったそうですが、「神様は乗り越えられない障害は与えない」と自分に言い聞かせたそうです。震災のことについても、東京では、もう復興したんじゃないかと感じてしまいそうなくらい報道が減っていて、今回南三陸町の様子を直に見ることができて、本当に町の人にとって必要な支援をしたい、と言ってくださいました。
 
講演会のあとはライブです!!もともと舞台の上で歌う予定でリハーサルをしたのですが、絵理子さんの「子どもたちと近くで歌いたい」という意向から、椅子をすべて片づけ、みんなで絵理子さんを囲んでライブスタートとなりました。
 
DSC_0801.JPG
  
絵理子さんは、子どもたちにギターを触らせてくれたり、一人一人と目を合わせて歌ってくれたりしたので、お客さんは絵理子さんをとても近くに感じることができたと思います。
 
絵理子さんの歌声に合わせてみんなで手拍子をしたり、ジャンプをしたり、みんなが一つになったような、温かい雰囲気に会場が包まれました。
 
歌や想いに感動して涙を流しているお母さんもたくさんいました。
 
ライブの後の握手会でも、絵理子さんは一人一人に丁寧にサインと、握手をしてくださいました。
 
本当に心温まる会になりました。絵理子さんありがとうございました!
 
DSC08183.JPG