出張語り部 in 六本木  The Day ~Be Choir~ イベント

 更新日:2013年04月22日(月)

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ


↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。
 
 
こんにちは!
メディア班 撮影係のサノです。
 
4月13日に六本木ヒルズにあるイベントスペース「umu」にて
「The Day ~Be Choir主催「語り部」イベント」に招待していただきました。
DSC_7552.JPG
これは、ゴスペルグループのBe Choirさんが南三陸町からボランティアと地元の語り部さんを招待し、東京の方たちに向けて震災体験や現地の現状を語ってもらうという被災地の風化を防ぐために企画されたイベントです。
 
当日の映像です。
http://www.ustream.tv/recorded/31376435
(この様子はYOUSTREAMで配信されています。)
 
DSC_7532.JPG
DSC_7538.JPG
南三陸町から招待された語り部は、山内克也くんと佐藤紀子さんと高校生の佐藤瑶子ちゃんの三人でした。三人の衝撃的で壮絶な体験の中から、人間としての深い悲しみと確かにある未来への希望についてのお話は徐々に風化しつつある東京では、どんな風に聞こえたのでしょうか?一番、後ろからずっと見ていると涙を拭う方がたが目に入り、少しでも伝わっている実感が湧きました。
DSC_7585.JPG
願わくば、お話を聞いた方たちの心に支援だけでなく、防災や故郷への思いをより一層、
強く感じていただければと思います。。
DSC_7578.JPG
そしてボランティアからの質疑応答の時には南三陸町の歌津地区にあるボランティア団体「TSUNAGARI」さんのベース基地とYOU STREAMで同時中継を行い、現地での現状やこれからの展望を地元の方も交えて語っていただきました。
DSC_7613.JPG
檀上に立った僕らも南三陸町で学んだ人としての在り方や現実問題を僭越ながら僕らなりにお話しさせていただき、東北のことを少しでも思ってもらえるように遠方の方に向けてお話するのは自分自身の心の整理や発見があり、非常に自分自身も学ぶことができました。
DSC_7649.JPG
南三陸町ならず東北の良さ、そこに住む人々の気高さと頑張り、そう言ったものが少しでも伝わっていればと願わずにいられません。
 
最後、Be Choirさんがメンバー数十人がゴスペルで歌を歌い、希望に溢れた雰囲気が会場を包みました。南三陸町の方に向けて作られた歌があり、それを心を込めて歌ってくれるという場面もあり、会場には楽しい雰囲気だけではなく、共に問題を考え、人を想い、そして立ち上がる。そんな空気が会場を包みイベントは終了しました。
DSC_7676.JPG
DSC_7838.JPG
DSC_7855.JPG
この機会が、すぐにではなくとも
いつか東京の方々が少しでも行動に移すような何かになってくれたら嬉しいです。
DSC_7933.JPG