【第29回】志津川湾さけまつり福興市 その2

 更新日:2013年11月26日(火)

前回の続き

DSC_7578 (1024x685)

今回はタップダンスとフリースタイルでのダンスからステージは幕開け、

DSC_7564 (1024x685)

続いて、女性メンバーだけで「ふるさと」に合わせて、

DSC_7589 (1024x685)

男性メンバーだけで一世風靡セピアの「前略、道の上より」で、

DSC_7612 (1024x685) (2)

DSC_7630 (1024x685)

そして、同じ中1同士の女の子がタップセッション、

DSC_7643 (1024x685)

最後は、メンバー勢揃いで「おすばでサンバ」。

DSC_7639 (1024x685)

手拍子してくれたり、おすばでサンバを一緒に口ずさんだり、
楽しんで観ていただけたようです^^

私はこちらでの受入れをお手伝いさせていただきました。

東京を朝早くに出発し、前日の23日夕方に到着、町内の民宿さんに泊まり、
会場へ向かう道中に被災状況やエピソードをお話しさせてもらい、
福興市会場へ 着く直前には防災庁舎で献花と黙祷も。
多くの方が目にいっぱい涙をためて、手を合わせておられました。

会場に向かうバスの中で、被災の現状を目の当たりにして、
沈んでいるメンバーに、リーダーは言っていました。
「自分たちのやっているブラック音楽の発祥を考えてみた時、
ここで踊ることと重なる、だから精一杯、元気を届けよう」

ブラック音楽の歴史はアメリカの奴隷制度から発祥した、
祈りや鎮魂、戦いの音楽だそうです。

まだまだ復興の途上にあり、問題は山積み、寒い寒い冬はもう目の前。
一日でも、ほんのひとときでも、
少しでも多くの方へ心から、楽しい、嬉しい、美味しい、そんな感情を感じてもらえたら。
そう思わずにいられない福興市でした。

来月の福興市は12月29日「志津川湾おすばで祭り福興市」
(おすばで=三陸地方で酒のつまみを意味する方言です)

ぜひ、福興市でお会いしましょう^^

DSC_7668 (1024x685)


↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。