☆☆震災から3年、現在の南三陸とボランティア☆☆

 更新日:2014年07月24日(木)

こんにちは。

南三陸復興学びのプログラム

のんちゃんこと、工藤望です。

 

今日は、『震災から3年後の南三陸とボランティア』について

少し書かせて頂きます。

 

現在の町の状況としては、

・瓦礫⇒なくなりました

・盛土

・高台移転

・盛土に伴う大幅な道路工事

が進んでいます。

写真①

 

こちら、どの位の高さかわかりますか??

10.6mの盛土です。

そして、今月末からはあちこちの道路が約2年間封鎖されて、

11mかさ上げされます。

 

私達の生活があった場所、

商店街や小さな頃に遊んだ空き地、

そんな場所がすべて埋められて、

涙を流す人も少なくは無いでしょう。

 

しかし、これが、この町が選んだ道なんだろうと思います。
 
 
最近のボランティア活動は、産業のお手伝いが主となってます。

 

トマト農家さんのお手伝い

写真②

 

菊農家さんのお手伝い

写真③

 

漁業にて、漁具の掃除

写真④

 

ホタテの養殖のために、紐にピン通しも始まってます。

写真⑤

 

また、この時期は、イベントが沢山あります。

先日、南三陸町の歌津にて、『ママフェス』が行われました。

写真⑥

南三陸町のママサークル もこもこ』の皆さんが

出店していて、お店や託児のお手伝いをさせていただきました。。

 

地域の行事も増えて、

町も徐々に活気にあふれています。

ホタテなど、食べ物もとっても美味しいので、

是非、多くの方に遊びに来て欲しいと思います。
 
写真⑦
 
少しずつですが、震災前の楽しみが、戻って来ているなと感じています。
これからも少しずつ、南三陸の今を届けさせていただきますね〜
 
工藤

人気ブログランキングへ
↑多くの人の目に留まるよう、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです。